2018/01/16

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|by スポンサードリンク

2007/06/13

手づくりケーキの店 モニク

前回の続きで、以前住んでいた札幌円山周辺を散策していたときの話。北海道を離れて5年も経つと、いろいろと記憶も薄れていくものだ。ある日、その記憶力には私も一目おいているカミさんに、私が一番気に入っていたケーキ屋の話をしたのだが、その彼女がそのケーキ屋の存在そのものの記憶を失っていたのには愕然とした。そこでカミさんを覚醒させるべく、わざわざ証拠写真を撮りにいった。この店は女性が一人で作り、一人で接客している。職人の店という感じがする。私は別にケーキ好きではなく、自ら買って食べるなどということは皆無に近いが、ここのケーキは甘味がほどよく抑えられ、その分奥深い風味を感じる。子どもに食べさせるのはもったいない、大人のケーキなんである。

モニク

■手づくりケーキの店 モニク monic

ウェブサイトも手作り感に溢れている。

ということで、昨日から、世界的科学者の風味も文体も捨てて、いわゆる普通のブログに挑戦してみているのだが、こんなんでもいいのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007/06/12

洗濯どうでしょう

関係者はお察しのことと思うが、先日、こっそり祖国入りする機会があった。父の病院へ向かうバスの出発まで少々時間があったので、このあたりを少し散策した。実は北陸に来る前はこの近くに住んでいた。

洗濯どうでしょう

これって「水曜どうでしょう」ではなく「水濯どうでしょう」になってないか?とか、もっと解像度を上げてこの旗の内容を確認したい方は以下を見るとよい。

■汗抜きダブルクリーニングでスッキリ爽快!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007/02/04

恵方巻なんて知らん2

先生が「恵方巻き」などという滑稽で下品な風習を知ったのは石川県に来てしばらく経った2005年の2月であった(恵方巻なんて知らん 2005/2/2)。そうして何かとすぐ軽々しく影響を受けちゃう我が祖国の北海道にも伝染の気配があるとこの時警鐘を鳴らしたはずだ。

■札幌・北海道神宮で「恵方巻き」

北海道神宮で恵方巻きだとぉ?

のりの卸業者でつくる海苔産業構造改革委員会道ブロックなどが節分の日の三日、札幌市中央区の北海道神宮で、巻きずし「恵方巻き」を参拝客に無料で配った。 道産米やのりの消費拡大を願い、七福神にあやかり卵やシイタケ、かんぴょうなど七種類の具を巻いた。米にこだわる道鮨商生活衛生同業組合のすし職人たちが使うのは道産米「ななつぼし」。参拝客は七がそろった縁起物をがぶりと食べ、「願い事がかなうように」と祈っていた。

おいおい、結局のり業者とか米業者とかサザエ食品とかその辺の人たちが内地の変な風習を宣伝に利用してるだけだろ。もうみえみえじゃん。北海道人としての誇りって無くしてしまったのかあ? あのね、先生は北海道知事になったら恵方巻き禁止しますからね。公約です。しっかし、分かっていながらノッちゃうわけかよ。全く北海道人だよな。あ、逆に北海道人らしいということなのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007/01/20

北見市と北ガス

先生の故郷が実は北見市だという衝撃の事実はコアな読者の皆さんはご存知かもしませんが内緒ですよ。

そんなに大声で自慢するほどの所じゃございません。冬は寒いし夏は暑い。しかし子どものころ、すし屋のカウンターで台風のニュースを見ていた隣の客が、「北見はいいところだ。台風も来ないし……」としみじみと語っていたのを妙に覚えています。台風が来ない他にもいろいろと北見のいいところを語っていたはずなんですが、忘れてしまいましたけど、先生は子どもでしたから、俺って今北見に住んでてなんて幸せ者なんだろうと感動したのです。

もちろん昔の話ですから、その後何度か台風が北海道を直撃してることは無視してくださいよ。先生にとっては「何も起きないことの幸せ」というものに人生で初めて気づいた瞬間だったんですね。だから強烈に覚えているんです。

ところが、この年になって、まさか北見市の名前を全国ニュースで連日聞くことになろうとは思ってもいませんでした。

ニュースでは北海道ガス(以下北ガス、「きたガス」って読むんですよ)の対応の遅れが指摘されていますが、つい最近まで都市ガスは市が供給していたんですね。

■北海道ガス株式会社に都市ガス事業を譲渡しました

これは北見市企業局のページです。北見市の財政状況をよくは知りませんが、民間でできることは民間でということで北ガスに譲渡した、40年以上もガス管を放置していたのはお役所仕事の市であった、今んとこ推測ですけど、そんな話になるとすると、今後は倒産夕張に引き続く根深い議論になっていくのだろうなと思います。

■北見市におけるガス漏れ事故についてのお詫びとご報告

北ガスのお詫び。通報への初期対応がまずかったが、いきなり市から押し付けられたとすると、同情しないでもない。

■北見市のホームページ ひと・まち・自然きらめく オホーツク中核都市

北見市は避難勧告などのお知らせだけ。ガス臭かったら北ガスに連絡しろと言っている。もちろん市の責任とかお詫びとかは無い。まあそりゃそうだろうけどな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007/01/07

北海道の正月料理「くじら汁」

■なまら旨い!北海道。:北海道の正月料理「くじら汁」

先生は先日あるナースから「北海道ではお正月にくじら鍋食べるんだってね」と話しかけられました。でも先生はそんなことは初耳だったので、いったい誰からそんなこと聞いたんじゃって聞き返しました。どうやらその情報源は、なぜかうちの職場で働く道産子男性看護師の布施(仮名)の野郎だと分かりました。あー、それはきっとあれだわ、あんたら布施に騙されてるわ、そんなのデマだって、聞いたことないも、と先生は言ったんですが、よくよく調べてみると本当だったらしく、先生は超びっくりです。

東北の日本海側から北海道の道南地方から道北地方の日本海沿岸の地域で正月に食べられる「くじら汁」は醤油味だ。元来、「くじら汁」は全国的に食べられているのだが、正月に醤油味で食べるのは北海道と東北だけである。

函館や室蘭とともに、確か網走も有名な捕鯨地だったはずなのに、幼少期を網走管内で過ごした先生が今まで全く知らなかったとは、どういうことなのでしょう。解せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2006/12/10

祝・コンサドーレ8強

先生、2年ぶりに我が赤黒の勇者コンサドーレ札幌の試合を見ました。だってJ2なんてテレビでやんないし地元離れちゃったらほんと遠い世界なわけよ。で、実は「祝ベスト8!」って残り10分ぐらいのところでここに書いちゃったんだけど、その矢先に追いつかれてしまいました。佐藤と相川がしっかりしてりゃ楽勝だったのに、くそー。よし!よくやった!しっかしPK戦で8-7の勝利、正直言って疲れました。

何を隠そう、先生はコンサに出資もしてるし、2000年にはサイトを全部赤黒にしたぐらいのコンササポーターだったんです。ところが先生はサイトのバックアップって取っておかない主義なんで、そんときの赤黒サイト見たくても見れないんですよ。

それで、一応Internet Archiveも当たってみたんですが、残念ながら見つかりませんでした。でもね、当時のバナーは見つけたよ。ほら、赤黒でしょ。懐かしい。

sueme banner

それから2003年6月のトップページ見つけました。

昔のSueMe

いやー、なんだかオシャレでかつサイエンス、とても高尚なサイトって雰囲気だなー。読んだら新たなタンパクが脳に発現するタメになるサイトって感じ。

でもね、皆さん、こうやってね、一度ネットに公開したものは知らず知らずのうちに第三者に保存されちゃってるってぇことですよ。サイトばれしたから閉鎖しちゃおうとか、やばかったら削除しちゃえばいいやって、それってもう手遅れなんですよ、奥さん、分かりますか? いやー、ネットってほんとに恐ろしい世界ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2006/11/06

共通語だと思っていたのに驚かれた言葉

■続・呼び名で分かる:名詞編 なぜか多い学校関係

通じない言葉

「ばんそうこう」をなんと呼ぶの続編です。以下まとめます。

北海道:ぼっこ(棒きれ)
山形:いちまる、にまる(?、?) おおばんし(模造紙)
宮城:ジャス(体操服)
新潟:うまうま(セミの幼虫) たいようし(模造紙)
長野:おちゃんこ(正座)
栃木:だいじ(大丈夫)
山梨:ジャッシー(体操服)
富山:じゃみじゃみ(テレビ終了後の砂嵐) がんび(模造紙)
福井:おちょきん(正座)
静岡:せんひき(定規)
愛知:放課(休み時間) B紙(模造紙) ケッタ(自転車)
三重:ゴンタ(原付)
京都:にぬき(ゆで卵) 裏(後ろ)
兵庫:がんざ(セミの幼虫)
岡山:さし(定規)
香川:とりのこようし(模造紙)
愛媛:おちょっぽ(体育座り)
福岡:離合(狭い道で車がすれ違い)
熊本:ひろようし(模造紙)
宮崎:にしょっこう(小電球)
鹿児島:ラーフル(黒板消し) ひろはばようし(模造紙)
沖縄:ひざまづき(正座)

棒のことは普通に「ぼっこ」っていうよね。先生は点滴ぼっこっていうし、マッチ棒はマッチぼっこ、イライラ棒はイライラぼっこ、うまい棒もうまいぼっこっていってるよ。それから体育座りは「おっちゃんこ」だよね。

先生は、自分では標準語を話していると信じながら方言丸出しでしゃべるのは道民だけだと思ってたんだけど、ちょっと安心しましたよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2006/09/25

「ばんそうこう」をなんと呼ぶ

■呼び名で分かる:地域編 出身地を推測できる「ばんそうこう」

サビオ

ミキジ自己満足ページで知った、いわゆる「ガーゼつき救急絆創膏」の呼び方の地域差についての記事です。いや、いわゆるっていうか、そんな一般名ふつーいわないよね。皆さんは何て呼んでますか。そうです、「サビオ」に決まってるよね。

そんな当たり前なことはだいぶ昔に先生がちゃんと講義したはずですよ。

■手術室で使う北海道弁講座

「サビオを貼る」の項目を見てごらんなさい。ちゃんと書いてあります。当時の先生は、北海道・東北「サビオ」 、東京・大阪「バンドエイド」、東北・中国・四国・九州「カットバン」、熊本・宮崎・沖縄「リバテープ」と分析しており、この記事とは微妙に異なるところもありますが、どっちが正しいのでしょう。そりゃあなた、社会言語学の本物の教授が10年前に全国調査した結果だっちゅうんだから、当然この記事の方が正しいですよ。

これを見ると、先生が同志だと思っていた東北人は、カットバンなんてしゃれた言い方してやがるじゃないですか。それにひきかえ、サビオと正しく読んでいてくれてる方々が他にもいたとは感激です。和歌山県民の皆さん、広島県民の皆さん、ぜひ我が北海道と同盟を結成しましょう。

あと、先生が北海道の老年層に広まっていると考えていた「サトウバン」が出てこなくて残念です。どうなんだろ。

ところで先生はときどき富山県に行くんですが、車のラジオを聞いていたときに「キズバンといって笑われた。ねえ、キズバンって普通にいうよね。」とDJの女性が語っていたのを思い出します。いわねーよばーか、って心の中でつぶやいたのは内緒ですが、日本全国でここだけがそんな呼び方をしているのが妙に気になります。はっ!富山県といえば薬じゃないか、ひょっとして「キズバン」が正しいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2006/08/18

北の国からホタテ料理

小野寺歩

先日、テレビ朝日のいまどき!ごはんという番組に、我らが元カーリング選手の小野寺歩さんがゲスト出演していました。テーマは夏らしく「涼しいごはん」ということであったのだが、小野寺さんが紹介したのは、常呂町名産のホタテをさっと揚げ、冷やした後に凍らせた大根おろしを添えるという「ひえひえホタテのみぞれ添え」でありました。

このときに問題は生じました。ほとんどの視聴者は問題視しなかったと思いますが、先生にとっては首相の靖国参拝よりも重要な問題です。

「アーアー、アアアアアー」、BGMが「北の国から」でした。

北海道国人として、どうしても「常呂町のホタテ」と「北の国から」は結びつきません。相容れないと言ってもいいぐらいです。「ホタテのロックンロール」にしといてもらえばまだましだったです。北海道なら何でも「北の国から」なんでしょうか。先生は残念ながら「北の国から」でホタテはイメージできません。そりゃ蛍が根室の落石に駆け落ちしたとか、純が羅臼でトド撃ち漁師にびびるとかありましたけど、やはり「北の国から」のテーマ曲で頭に浮かぶのは海とはほど遠い富良野の広大な丘陵です。

先生は、北海道国を代表して、このような内地人の誤った北海道観に対して深い失望と憤怒を表明するとともに、内地との関係改善のためにこのようなことが再び起こらないよう強く働きかけていく所存であります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2006/07/30

徒歩暴走族

先生が北海道を離れているうちにどんどん新しいものが出現するので、先生は浦島太郎にならないように必死です。徒歩暴走族とは何か。以前にもお伝えしましたが、もう一度復習しましょう。

■北海道の暴走族は冬にどうしてる? 徒歩暴走族とは

暴走族は雪に弱いわけで、暴走行為も出来なくなります。道路は積雪、あるいは凍結ですから、危険です。それにエアロがついたりしている車高の低い車は冬に走れません。したがって冬季休業を余儀なくされます。

すなわち、大リーグボール2号が雨風に弱いのと同様、暴走族は雪に弱い、だから北海道の暴走族は冬期間は徒歩を余儀なくされる。ふむふむ、実に理にかなっている話だと、このときは先生感心しましたよ。

ところがですよ、最近、徒歩暴走族は真夏でも出没してるって話を聞いて、先生はわけ分からなくなってますよ。

■バイクに乗らない「徒歩暴走族」 夏場も出没

徒歩暴走族とはそもそも、積雪のためバイクや車に乗ることができない冬場でも、暴走族が勢力を誇示するためにやり出した手法。ただ、そのうち、バイクや車に乗らず、もっぱら歩くだけのグループも出始めた。札幌市内には数団体。狸小路や大通り周辺に現れる。運転免許証を取ることができない年齢の少年少女たちも参加してくるそうだ。

なるほど、最初は積雪が理由で車を捨てたのだが、そのうち車に乗らなきゃ「暴走族の根絶に関する条例」にも引っかからないし、何と言っても運転免許取らなくていいし、意外にいいことづくめ、っていうことになったわけですな。ふむふむ、実に理にかなっている。

理にかなっているけど、実際に見たことないので、車に乗らないで歩く暴走族ってぇのがどうも今ひとつイメージ湧かないなあ。"いつもここから"の暴走族ネタみたいな感じなんだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<< | 2/8PAGES | >>

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR