2020/01/11

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|by スポンサードリンク

2006/06/11

極楽鳥の求愛行動

■ Birds Of Papau New Guinea

ゴクラクチョウ1

昨日世界一受けたい授業だかって番組に嶋田忠さんが先生として出演し、極楽鳥の求愛ダンスを紹介していたので、ここにも動画を貼っておきたくなりました。

で、嶋田先生は、極楽鳥が求愛の前にすることは?という問題を出題し、その答えは「掃除」であったわけですが、この動画を見てみますと、落葉や枝を拾って投げるばかりか、木の葉で枝をゴシゴシ磨くなんてことまでやってるので、あらためてびっくりしている次第です。

ゴクラクチョウ2


2006/05/01

翡翠(カワセミ)

カワセミ

写真は先生の職場の近くに住んでいる先生の馴染みのカワセミです。

さて、週末飛行機の中で読んだ機内誌に、ミステリー系の文筆家翻訳家で野鳥にも造詣の深い各務三郎氏がカワセミについて書き綴っていました。先生は、翡翠(カワセミ)というのは宝石のように美しいから翡翠(ヒスイ)というのだろうと思っていたのですが、実は全くの逆で、ヒスイがカワセミのように美しいからヒスイと名づけられたと知ってびっくりしました。確かにWikipediaにもそのあたりの経緯が詳しく書かれていました。

■カワセミ - Wikipedia

■ヒスイ - Wikipedia

あと、カワセミの羽は本当は青くなくて、空や海が青く見えるのと同じ原理で様々な光が反射して青く見えるのだという話が書いてありましたが、それは先生はとっくに知っていましたよ。この先生の愛読書に書いてあります。

本当は青くない

えーと、そのありがたい話を書いてくれたのは……

清子様

我らがサーヤ!


2005/11/12

LOVE 鳥

もーいいんだよ。もー鳥しか興味ねーんだよ。今まで無理してオモシロネタバカネタやっててすいませんでした。そうだよ、大衆に媚びてたんだよ。わりーか、媚びて。わるかったな。

あと、もー仕事も興味ないぞ。俺がどんな仕事かみんな知らねーだろ。うそだ、知らねーはずだ。俺は一度もカミングアウトしたことなんてねーぞ。秘密なんだよ、秘密。知ってるつもりになってるだけだ。勘違いなんだよ。

いいか、俺は道端に人と鳥が倒れていたらな、人には見向きもせずに鳥の方に駆け寄るぞ。どうだ、分かったか。俺がお前の予想しているような職業だったとしたら、真っ先に人に駆け寄るはずだろ。違うんだよ。俺は鳥に駆け寄るの。

しかもだな、倒れている鳥に向かって「どうしましたかー?」なんて声までかけちゃうぜ。それでもしも反応がなければだよ、もしも俺がお前の予想しているような職業だったとしたら、「すいませーん!誰か来てください!」って召集をかけるはずだろう。そして救急車やらAEDを要請するはずだ。でも俺は違う。違うんだ。俺はね、そうだなー、もし鳥に意識がなかったら、鳥鍋にするね。


2005/05/22

野鳥ゲーム三連発

近頃は鳥について語らなければ一流サイトといえないようであるから(SueMe SuBlog談)、先生も久々に野鳥ネタをあげよう。今日ご紹介するのは我らが宮島沼のホームページにある大評判のゲーム3種類であります。かなり難しいので、覚悟して臨むように。

■名前当てクイズ

まずはありがちな鳥の名前当てクイズだ。先生はもちろん初級は軽くクリアだけど、先生をもってしても中級ではムムム、上級ではアワワなので、しっかり勉強してから挑戦してください。

■標識ガンを探せ

標識ガンを探せ

我らが盟友イジオさん(現在休止中)も頑張ってバンディングしてくれているわけだが、せっかく標識をつけても我々がそれを発見して報告できなければ意味がない。突然目の前に首輪をつけたマガンが現れても慌てないように、今から鍛錬しておくことが大事です。はっきり言って、あっという間に終わるよ。

■雁数え道場

宮島沼には毎年6万羽のマガンがやってきます。しかし、6万って誰が数えているのでしょう。一羽一羽数えていたら、最低でも6万秒かかります。6万秒つったら1000分、1000分つったら16時間40分ですよ。こんなことではいけません。我々は群れを見たら、一瞬でその数が分からなければダメなんです。一瞬ですよ。さあ、頑張ってください。


2005/02/11

慢湖水鳥・湿地センター

■自然観察の拠点完成(wmv1.9mb)

漫湖

掲示板での情報ありがとうございました。先生が野鳥ファンと知ってのタレコミですね。すばらしい方です。沖縄には珍しい鳥がたくさんいますから是非行ってみたいです。特にこの鳥が見たい!

クロツラヘラサギ

そう、クロツラヘラサギです。漫湖から負傷したクロツラヘラサギを救出したりもしているそうですよ。ああ、行ってみたいなあー。本当にすばらしいニュースを紹介してくれましたね。え? それだけなんですが、なにか?

■漫湖水鳥・湿地センター


2004/08/15

ズグロカモメ

ズグロカモメ

1年近く前、ヘラシギを発見してから、何となく珍鳥をゲットした時はここで報告する風習になってしまい、その後ムラサキサギマナヅルアカエリヒレアシシギなんかも写真見せたよね。まあ、どこまでを珍鳥と呼ぶかは難しい問題だけど、今日はズグロカモメの写真を撮ったよ。

北陸では珍しいんだけど、もうこの場所に一ヶ月以上も居るから、珍鳥というより身近な鳥に思えてきちゃうよ。夏は頭が真っ黒なんだけど、だんだん白くなってしまっているよ。身近な鳥のユリカモメによく似ているよ。あまりにも似ているから、ますます珍鳥と言われてもピンとこないよ。でもクチバシが赤くないから、ユリカモメじゃないよ。よく比べてごらんよ。

■ユリカモメとズグロカモメの見分け方

ズグロカモメは福岡などではよく見られますが、北部九州以外では少ないので、一般的には小型カモメならユリカモメと考えて良いかも知れません。

やっぱ珍鳥だ。わーい、わーい。


2004/07/25

超望遠レンズ用雲台

■ The Winberley Head ■ King Cobra Action Head ■ Manfrotto 393

野鳥撮影用超望遠レンズの雲台の話。たまに誰にも分からん話を書くのも快感です。一人でも興味持ってくれる人がいたら驚きだね。

超望遠レンズをそこらへんの雲台でささえるのは重くて無理なので、大抵の野鳥カメラマンは高価で巨大なビデオカメラ用雲台を使っている。これは重いものには頑丈なものという当たり前の話なんだけど、上にあげた3つの雲台はちょっと発想が違う。レンズの丁度重心に支点がくる様にして、まるで振り子のようにして支える雲台なのだ。かえってこの方がカメラを動かしやすいという利点もある。先生は一番安いマンフロットのを勝ったんだけど、重いレンズが指1本で難なく動く。これで鳥が飛び立ってもすばやくカメラを向けることができる。優れものだぜ。君もどう?

マンフレッド
先生の新しい友、マンフロット393に取り付けられたキャノンEF500F4L IS。カメラはEOS10D、三脚はジッツォ1329。


2004/06/27

続・コアジサシのコロニー

コアジサシのひな

先週お伝えしたコアジサシのコロニーですが、先生が心配した台風の影響も少なく、多くの雛がかえって順調に育っているようです。

ところで、こういう写真には、巣に近づいて撮影するなんて親鳥がびっくりして営巣を放棄したらどうするんだ、という批判もあり、例えば日本野鳥の会の写真募集要項では、「営巣中の巣や鳥、子育て中の鳥の写真は掲載いたしません」と強い口調で書かれています。以前、アカゲラの巣を観察していた時なんか、訳知り顔のオヤジが近づいてきて、いつから見てるんだ、親が巣を放棄したらどうするんだ、あの子たちはなぁ、と説教が始まりました。「おいおい、てめえの子供かよぉ」っと先生は声を荒げ、オヤジの胸倉を掴み……途中から妄想。

じゃあ営巣写真は全くみかけないかというと、そうでもありません。ただし、「人が集まらないように何処だか分からないように写した」とか、「驚かさないように充分配慮した」とか、「雛が大きくなって営巣放棄の可能性がなくなってから撮った」とか、言い訳がましいことが添えてあるのが常です。

そこで先生も一言添えます。貴様らみたいなしろうとなんかに場所は教えないぞ。何にも知らない奴が興味本位で見に行くもんじゃねえ。写真を撮ろうなんてもってのほかだ。先生はいんです。先生みたいに鳥にめっちゃ詳しくて、ちゃんと気をつけれる人はいいんです。……要するにそういうことだよね。


2004/06/20

コアジサシの営巣(コロニー)

コアジサシ

市内のとある海岸にコアジサシがコロニーを作りました。少なくとも数百羽の群れです。コアジサシは何も障壁のない地面に直接卵を産んで育てます。ですから、風が吹けば卵は転がり、ヒナは飛ばされます。大雨が降って水はけが悪ければ、卵やヒナは簡単に水没します。大型の台風6号にやられてしまわないか、先生はとても心配です。わざわざ南半球からはるばるやってきていただいたのに、何かあったらたいへん申し訳ないことです。

■リトルターンプロジェクト

2001年、都内のある施設の屋上にコアジサシが営巣したのをきっかけに始動した、コアジサシのコロニーを保護するプロジェクトです。


2004/06/19

モズが見張り

ちょっとした中規模オフ会がこんなところでありました。誰に会う気もなかったのですが、こんなところで翡翠博物館・館長に出会うとは思わなかった。

モズ1

そもそもオフ会の嫌いな先生の心を癒してくれたのは、会場前の石碑をテリトリーとしているモズだった。手持ちの3倍ズーム機ではこれが限界です。先生は一度家に帰って昼飯を食い、昼寝をし、そして今度はデジ一眼+400mmレンズを持ってまた会場に向かった。

モズ2

まだ同じ場所に居た。「てめぇら、俺に無断でなにつまんねえオフ会やってんだよ、バーカ」、不良っぽいグラサンをかけたそのモズはそう言った、いや、そう言ったように先生には聞こえた。


<< | 2/4PAGES | >>

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR