2018/12/27

墓銘録2018その4 西城秀樹

2018.05.16 西城秀樹

西城秀樹

小学生時代:私の小学校では有名歌手に年賀状を出して返事をもらうという遊びが流行っていた。その遊びのイニシアチブをとっていたのはクラスの親分的存在であるアズマ君で、堺正章から来た年賀状をこれ見よがしに自慢されたのをよく覚えている。今から覚えばそんなの事務所の人が事務的に宛名書いて返信しただけに決まってるんだが、当時は彼が何をやるんでも天下を取ったような顔で自慢するのがくやしくて、私は見返してやろうと思って手当たり次第に有名歌手たちに年賀状を出した。返事が来る確率を少しでも高めようと、ちゃんとその歌手の本名まで調べて宛名を書いて出した。だから私は当時の有名歌手の本名をやたらに知っている。今でも西城秀樹の本名が木本龍雄で広島出身だということも覚えている。当時は本名なんて雑誌に一覧になって載ってたものだ。個人情報もクソもなかった時代だ。そんな努力の甲斐もなく、結局私は芸能人からの年賀状を一枚も受け取ったことはない。

中学時代:小学生の頃から神童と呼ばれた私だが、中学時代にはどうしても抜けないやつがいて、一番になれなかった。オオミネというやつだ。オオミネは勉強だけじゃなく、スポーツも万能で何をやらせても一番だった。さらに勉強以外の話題も豊富で、芸能界の話も巧みだった。ほんとうに完璧なやつだった。ある日オオミネは私に新御三家について人差し指を突き上げながら一席ぶりやがった。
「ま、言ってみればルックスのゴーヒロミ、アクションのサイジョーヒデキ、歌唱力のノグチゴローってとこなんだよな」
だが私は見抜いていたのだ。それが昨日発売の学研中一コースに載ってた新御三家特集の受け売りだということを。そのことを指摘するとオオミネは僕を無視して、突き上げた人差し指はそのままにくるっと私に背を向け、別の奴に向かって繰り返した。
「ま、ルックスのゴーヒロミ、アクションのサイジョーヒデキ、歌唱力のノグチゴローと言ってだな……」

高校時代:私のクラスでは学校祭向けに自主制作映画を撮ることになった。クラスで一番の成績を狙って毎晩徹夜勉強に励むヨシダ。しかし、常にクラスで一番なのはスポーツも万能、長身でハンサムなシラトリだった。どんなに勉強をしてもヨシダはシラトリを抜けない。そこでヨシダは、シラトリがいったいどんな方法で勉強しているのか偵察することにした。ところがシラトリは勉強するどころか毎晩ぐっすり寝ているばかりではないか。そう、実はシラトリの好成績の秘密は「睡眠学習」だったのだ。自分がこんなに頑張っているのに寝てばかりで好成績をあげるシラトリが許せないヨシダは、試験前日にこっそり睡眠学習のテープを「YMCA」と入れ替える。試験当日、開始の合図とともに問題用紙をめくるが「おかしいぞ、何も覚えていない」と焦るシラトリ。そこでヨシダは用意してきたラジカセのスイッチを入れる。鉛筆の音だけだった教室に突然「YMCA」のイントロが流れ出す。
「おかしいぞ、何も覚えていないばかりか、体が勝手に動く!」
一心不乱に問題を解く生徒たちの中で、ただひとりシラトリだけが立ち上がり、そして踊り出す。
「ワーイエムシエー!」
撮影中、もちろん私はその他大勢の生徒たちのひとりだったので、一心不乱に問題を解くふりをしていたから、シラトリ君が踊る場面はのちに映像としては見たが、実際には見ていない。ただシラトリ君が立ち上がって一生懸命にYMCAを踊っている衣擦れの音だけが、鮮明な記憶として残っている。

すごいなあ、「お題:西城秀樹」だけで自叙伝書けちゃうんじゃないだろうか。西城秀樹って偉大だなあ。


2018/12/27

墓銘録2018その3 井上堯之

2018.05.02 井上堯之

井上堯之

母の話によると私が初めて買ってもらったレコードは舟木一夫の「高校三年生」で、空でフルコーラス歌えたらしいのですが全く覚えていません。私の記憶だけに頼れば、私が最初にファンになったのはスパイダーズで、「夕日が泣いている」や「バラ・バラ」なんかを激しく熱唱していた覚えがあり、おそらくこれが私のロック原体験だろうということは、昨年の「かまやつひろし」のところに書いたとおりです(参照:墓銘録2017)。

今でも井上順を見たらドキドキするし、もちろん堺正章にも思い入れはあります。しかし、その他のメンバーとなると……。ネットで検索して若い頃のスパイダースの写真を見ても、いったいどれが井上堯之さんなのか、全くわかりません。ですから、私の井上堯之さんに対する認識は、おそらく皆さんと同様で、「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」などドラマのテーマ曲で有名な、なんかギターの上手い強面のおっさん、というイメージです。なんとなく恐いので、ついつい「さん」付けにしてしまいました。


2018/12/27

墓銘録2018その2 ドロレス・オリオーダン

2018.01.15 ドロレス・オリオーダン

ドロレス・オリオーダン

ドロレス・オリオーダンがリード・ボーカルを務めるクランベリーズについても、2012年に当ブログに書いたことがあります(参照:ザンビの記憶)。私は90年代の半ばにアメリカで研究に従事していたのですが、実験室のFMラジオからは毎日のように「ゾンビ」がかかっていました。いまでもこの曲を聞くと、なかなか結果が出ずに悶々としていたあの頃のつらい思い出が蘇ってきます。

ネット環境もなく、日本からは完全に隔離されていたので、「ザンビ」ってなんのことだろうと思っていました。アメリカ人の同僚が説明してくれるのを聞いているうちに、「そうかゾンビのことか」と分かった瞬間のことは鮮明に覚えています。まあそのような経緯を小説仕立てで書いたのが件のエントリーです。「ゾンビ」が北アイルランド紛争に対する反戦歌であるということを知ったのは、帰国してずっと経ってからのことでした。唯一無二という言葉が似合うシンガーはフレディだけじゃありません。


2018/12/27

墓銘録2018その1 フランス・ギャル

一昨年、昨年に引き続き、三年連続となりました。恒例の墓銘録です。ルールは例年と同様、ミュージシャン本人の似顔絵ではなく、あくまでも「そのミュージシャンに仮装しているスミルノフ教授の似顔絵」であることを申し添えておきます。

しかし、あれですな、レッド・ツェッペリンみたいな一流のアーティストだとアルバム出すごとに完成度が高まり、四枚目ぐらいでとてつもない傑作を生み出したりしますけど、私みたいな凡人はほんと煮詰まる一方です。懸命な読者の皆様におかれましては、回を重ねるごとに手抜きとやる気の無さが増していくのを見逃してくれるはずはないと思いますが、まあせっかくですのでどうぞ最後までお付き合いください。

2018.01.07 フランス・ギャル

フランス・ギャル

今年は、年が明けて最初の訃報がフランス・ギャルでした。いやいや困ったなー、また微妙なところから来たなー、というのが感想でした。そうです、年の初めから私はすでにこの企画に縛られていたのです。誰に頼まれたわけでもないのに、そして誰も楽しみになんかにしてるはずないのに、なぜ私は義務感にかられるのでしょう。

さて、私はフランス・ギャルをリアルタイムで知ってる年ではありません。ですから思い入れもほとんどないのですが、実はなんと10年以上も前に当ブログで取り上げたことがあるのです(参照:ロッキーチャックとフランス・ギャル)。そしてこのエントリーに、当時は医学系サイトとして超有名だった「医学都市伝説」のmed-legend先生が反応してくださったことを鮮明に覚えています。ですから、私にとってフランス・ギャルは、古き良きホームページ時代の思い出とともにあるといえましょう。

意外に長くなりそうなので、続きはまた次回。


2018/12/20

イ為ンスタ3の2 上野編

インスタグラムヘッド シロフクロウのヒナ インスタフット
suemesmirnoff ということで、私はまだまだ鳥たちを観察し続けていた。ノープランで始まったイ為ンスタシリーズ第3弾だが、心配していたとおり大量の鳥の写真がだらだらと続く事態になってしまうのだろうか。途中でなんだか見覚えのあるヒナと目が合い、お互いに「あっ」と声を出し合ったので一瞬知り合いかと思ったのだが、むかし円山動物園で見たシロフクロウのヒナによく似ている知らないやつだった。
#上野動物園 #シロフクロウ
続きを読む >>

<< | 2/328PAGES | >>

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR