2002/12/01

XPがおかしい

新兵器ベアボーンを導入し、その購入記(私のM.J.愛玩記)を書いてから、さっぱり執筆意欲が湧かなくなった。デジタル関係で、その後特筆すべき出来事がなかったのも一因だが、それよりも職場の完全異動と、海を渡る引越しという、たぶん自分の人生の10大ニュースに間違いなくはいるであろう出来事で、それどころではなかった。

しかし、その間も、我がベアボーンMJは、異動までにケリをつけなければいけない仕事のために、全力で戦ってはいたのだ。

私の扱うデータは、4ミリ秒ごとに心筋細胞から送られてくる信号である。っていうことは、1秒間のデータなら、250個の数字が存在することになる。っていうことは、1分間のデータなら、15000個の数字を含んでいる。ってことになる。それを時系列データとして扱って、横軸に時間、縦軸にその値をプロットして、画像に、つまりグラフ化し、その曲線の形を見て初めて物が語れるのである。ところが、その画像、とっても重いのである。これをプレゼン用のスライドにしたり、論文用の図に取り込むと、たちまちレッツ君は動かなくなる。そんなに複雑な画像ではないのだが、小さくても15000個のポイントを持ったベクトルデータだからである。JPEGとか、ビットマップにしてしまえば、すこぶる軽いんだけれど、やはり後で修正とか必要になった時のことを考えると、ベクトルデータのままでいてほしいのである。

そこへいくと、さすがにPEN4・2GHzのMJ君は違うんである。ちょっとその画像の位置を動かすだけで半日ぐらい考え出すレッツ君とは段違いで、MJ君は「シャキーン!」と動かしてくれるのである。さすがに年収47億円のスーパースターの名を冠しただけのことはある。え? 違うか? マイケル・ジョーダンじゃないよな、まさか。じゃあ、マジック・ジョンソンか? それともマイケル・ジャクソンか? いやー、これでは情けない、よくあるオヤジ・ギャグではないか。なんとかここで当サイトらしい、うけるオチを書かなくては…。そうだ、他にもいたよな・・ほら、ソウルの神様で、たしかMJって称される奴・・分かった、ジェームス・ブラウン!……ってMJじゃないじゃん(^_^;)

いや、でもやっぱ、ちょっとほめ過ぎだよな。話の流れでそう書かざるをえないじゃん。演出だよ、演出。実際には、そんなに早いって思えなかったね。XPのおかげで、たしかに起動は早いけど、期待してたほど動作は早くなかった。期待が大きすぎたのかな。

それに、困ったことが起きだした。誰なの? XPは2000系だから、安定してるし、万が一エラーになってもOS自体は落ちないから再起動する必要ないって言ったの。落ちまくりだよー、XP。それもね、ただファイルのアイコンの上で右クリックしたりとか、ちょっとファイルを移動させようと思ってアイコンをドラッグしただけでエラーになるの。たしかにそれでもOS自体は落ちないんだけど、結局この現象が一度起きたら、再起動しないと何度やっても同じなので、OS自体が落ちないことは無意味なのだ。

この現象はますます頻繁になってきた。これは困りましたよ。だってね、ファイルの移動できないんだぜ。エクスプローラー上でフォルダ表示でやったり、コピー貼り付けでもダメ。いつもダメだったり、全てのファイルがダメだということではないんだけど。この現象に最初に気づいたのは、増えてきたスタートメニューの「すべてのプログラム」メニューを整理しようと、Document and Settingフォルダ内のファイルを移動させようと思った時だった。今でもここのファイルだけは、全く移動させることはできない。でも不思議なことにね、ピクチャー・ビューワー、たとえば有名どころの、VIXとか、Linerを使えば、何の問題もなくファイルの移動やコピーができるのね。そこで、答えてネットなんかでもかなり質問して、親身に答えてくださった方がいて、結局エクスプローラーが破損してる可能性が高いと判断して、XPを入れ直したさ。

ほら、XPってさ、登録がどうとかいって面倒くさいじゃん。あんまり何回も入れなおして、インストールできなくなったりしたらイヤだし。それで、恐る恐るやったんだけど、状況は変わらなかった。何でかなー。試しに表示設定をXPからクラシックスタイルにすると、少しいいかなーという程度にはなったんだけど、やっぱり起きる。

いったい何が悪いのか? 結局、同じような症状を訴える人には出会えなかった。MJのボードとの相性だろうか?いや、ソルダム関係でもそんな話、全然聞かない。メモリーかなー?

これは無視できないでしょ。だって、特別なアプリケーションやファイルを扱う時のエラーならしょうがないかなってあきらめもつくけど、ファイルの移動だぜー、MSDOSだってできるコマンドだぜー。

なんとかごまかしつつやってきたが、そんなこんなで、だんだんMJ君が可愛いと思えなくなっていった。だから、ちぐはぐな色の内蔵機器カバーを本体と同じ美しいパールマイカホワイトに統一しようなんていう当初のワクワクも、もうどこかに消えてしまった。

そしてついに、MJは販売が完了してしまった。

え? うそ? まだ売ってるじゃん。

え? これMJじゃないの? なにー!

「MJ2」発売だとー!

USB2対応じゃん!

こ、これなら落ちないべか?どうする?


関連記事

2020/07/26

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク


教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR