2005/07/14

鳥のように呼吸する恐竜

■Dinosaurs breathed like birds

■恐竜の呼吸「鳥並み」に発達…米大学、骨の構造で解明

dinosaur

Majungatholus atopusという恐竜の骨を調べたら、気嚢を持つ鳥類と同様に空気の通り道となる空洞があった、という話です。酸素分圧の低い空を飛ばなければならない鳥は効率的な呼吸器官を持っていますが、同様の仕組みが恐竜にもあったというわけで、恐竜が鳥に進化したという説にますます有利な発見です。

鳥の呼吸器官を持った恐竜の存在は以前から言われていましたが、これまで考えられてきたよりもずっと原始的な恐竜でその構造が見つかったという点が評価されているようです。ま、太古の昔はもともと酸素分圧が低かったし、酸素が激減するようなイベントもあったようですから、鳥のような優れた呼吸器のおかげで絶滅を逃れた恐竜の末裔が鳥だって説は、2年ぐらい前にどっかのブログで読んで先生はすでに知ってたんですがね。えーと、どこのブログだっけなあ。

■鳥の高度な肺は恐竜にもらった(Nature)|スミルノフ教授公式ウェッブサイト

ああ、先生のサイトでした。自分で書いてすっかり忘れてましたね。しっかし、すごいなー、先生って。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018/01/16

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/ にでも行きますか?
鳥のほうが人間よりも人工呼吸管理しやすいのでしょうか。
コメントは終了しました。

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR