2016/12/30

墓銘録

今年は私の思い入れのある音楽家が亡くなるたび、急遽即席で絵を描いてツイッターにアップする、ということをやっていたので、ボツ作品も含めてここにまとめておきます。なお、絵を描く際には「スミルノフ教授が仮装している」という条件を自分に課しました。

今年は洋楽の大物が相次いで亡くなったと世間では思われていますが、ロック・スターと詩人の寿命が27歳であった時代はとっくに終わっています。ロック・スターたちも普通に健康管理し、普通に年老いるようになりました(ちなみにわたしゃ「詩人」なんて聞くと今じゃ真っ先に爺さんの顔が思い浮かぶぞ)。そして多くのかつての大物ロック・スターたちが高齢を迎えて亡くなる年代に差し掛かっている、ただそれだけのことのような気もします。

2016.01.10 デヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイ

絵を描くきっかけはデヴィッド・ボウイでした。しかし、この絵にはデヴィッド・ボウイの面影は少しもありません。ただただスミルノフ教授が、1977年のアルバム「Heroes」のジャケットのポーズをとっているだけです。ツイッターには、なんのコメントもなしに、この絵だけをアップしたので、なんのことかわからなかった方も大勢いらっしゃったようです。

冒頭で「私の思い入れのある音楽家」と書いておきながら申し訳ないのですが、私自身はあまりデヴィッド・ボウイに思い入れはなく、今でもよくわからないというのが正直なところですが、多くの追悼特集番組を見て、今さらながらその偉大さに感銘を受けたところです。

2016.01.18 グレン・フライ

グレン・フライ

イーグルスに疎い私はグレン・フライをなかなか描けず、遅くなってしまった上に出来が悪かったのでツイッターには投稿しませんでした。未発表です。最初はイーグルス時代、と思ったのですが、みんなロン毛のヒゲヅラでどれがグレン・フライだかわからず、ジョー・ウォルシュ以外は見分けがつきませんでした。かろうじて印象に残っていたのはMTVでよく流れていた「The Heat Is On」の白黒のPVで、それを参考にしました。

さて、なんでジョー・ウォルシュだけ分かるかというと、むかし医局の後輩にイーグルスの大ファンがいて、私のことをジョー・ウォルシュにそっくりだと言ってたからです。そんなことを言ったのは後にも先にも彼ひとりなのですが、そんな彼もいまは教授(本物)になって全国的に活躍しています。あまりグレン・フライに関係ない話ですいません。

2016.02.03 モーリス・ホワイト

モーリス・ホワイト

これはモーリス・ホワイトであることが一目瞭然な上に、スミルノフ教授の面影もにじみ出ているという点で、今回のシリーズの中では一番出来が良いのではないかと思います。

以前にどこかで書いたかもしれませんが、私はとある地方都市の空港の搭乗カウンターで、ちょっと小太りになられたフィリップ・ベイリーや相変わらずゴージャスな装いのヴァーダイン・ホワイトほかアース・ウインド&ファイアー御一行様と一緒に並んだことがあります。もちろん、その場にはすでにモーリス・ホワイトの姿はありませんでした。一度は本物を拝顔したかったと思います。

2016.02.08 松原正樹

松原正樹

松原正樹さんは私がフュージョンにどっぷり浸かっていた頃、日本を代表するフュージョン・バンドのひとつであった「PARACHUTE」のギタリストとして、今剛さんとともに活躍された方です。これも、なんのコメントもなしにツイッターにアップしたので、ほとんどの方は誰だかわからなかったのではないでしょうか。「PARACHUTE」の後も、数多くのJ-POPミュージシャンのライブやレコーディングに参加され、おそらく誰もが一度は音楽番組で目にしていると思います。

私が一番印象に残っているのは、今剛さんのギターの弦が切れた際、さりげなく今剛さんのリード・パートを引き継ぎ、今さんがギターを交換する時間を作ったときの姿です。まさに気配りの行き届いた、職人の姿でした。

2016.03.08 ジョージ・マーティン

ジョージ・マーティン

ジョン・レノンとともにスタジオにこもるスミルノフ教授扮するジョージ・マーティンの図です。卓上のスイッチ類をちまちまと描くのが楽しかったです。ジョージ・マーティンの功績は言わずもがななので省きますが、コージー・パウエルなど多くのミュージシャンがカヴァーしているインスト曲「Theme One」が、ジョージ・マーティンの作曲だと知ったときは驚きました。

2016.03.10 キース・エマーソン

キース・エマーソン

キース・エマーソンは高校時代から崇拝してきたミュージシャンなので、ここで簡単にコメントするのは不可能です。ポリープの手術で来日が中止になったとき、エマーソン・レイク&ポリープというネタでみんなで盛り上がったのを、今となっては後悔しています。申し訳ありませんでした。この絵は急いで描いたので、シンセサイザーの配線を忘れてしまったのが悔やまれます。

2016.04.21 プリンス

プリンス

これは手元にあったメモ用紙にボールペンで急いで手書きして、デジカメで撮ってそのままツイッターにアップしたものです。そのあと、「the Artist Formerly Known As Prince」の「Formerly」という言葉に触発されて、久々に「Formerly」というエントリーを当ブログに書きました。内容はプリンスと全く関係ないです。

絵は1981年のアルバム「Controversy」を参考にしましたが、実は私もご多分に漏れず、その翌年の「1999」や「 Purple Rain」から入ったクチです。意外にミーハーで申し訳ありません。

2016.05.05 冨田勲

冨田勲

学生時代に同級生から、子どものころ、冨田勲氏がラジオで5回に渡って5種類の音を放送したのを録音し、5台のラジカセを部屋の5ヶ所に置いてそれらの音を同時に鳴らすと、UFOが部屋の中を飛んだ、という話を聞いて驚いた覚えがあります(話は正確でないかもしれません)。先日、その彼が立派な心臓外科医の副院長になって、私をヘッドハンティングしにやってきたので、また驚きました。約30年ぶりの再会でしたが、もちろんもう引退した身なので、ヘッドハンティングの話はお断りしました。冨田勲とあまり関係ない話ですいません。

2016.11.13 レオン・ラッセル

レオン・ラッセル

レオン・ラッセル、私のカミさんは知らないと言ってましたが、マスカレード、ア・ソング・フォー・ユー、スーパースターの3曲は、誰もが聞いたことあるんじゃないでしょうか。

さて、スミルノフ教授っぽくするのは、禿げさす、メガネまたはサングラス、ヒゲをはやす、といった方法でわりと簡単にできるのですが、レオン・ラッセルの場合はもともとヒゲとサングラスがアイテムなので困りました。帽子もアイテムで描きたかったので、禿げさすわけにもいきません。苦肉の策でサングラスを黒縁の四角にしてみましたが、いかがでしょうか。あまり自信が無かったので、ツイッターにはアップしませんでした。未公開作品です。

2016.12.07 グレッグ・レイク

グレッグ・レイク

まさかEL&Pのメンバーが同じ年に2人も亡くなるとは、夢にも思っていませんでした。「グレッグ・貴花田・レイク」というニコ動のコメントに大笑いしたのを、今となっては後悔してますが、晩年は貴乃花親方よりもはるかに巨大化し、ちょっと心配はしておりました。

画像は、私が若い頃に当時としては貴重な洋楽番組で見て印象に残っていた「Fanfare For The Common Man」のMVを参考にしました。3人の吐く白い息がとても印象的で、また、大人になったら絶対ヤマハGX-1買うぞ、なんて思ったものです。

2016.12.25 ジョージ・マイケル

ジョージ・マイケル

最後がジョージ・マイケルになるとは予想だにしていませんでした。ジョージ・マイケルと聞いて思い浮かぶ顔をカミさんに聞いたら、若い頃のウェーブのかかったわりと長い髪の姿、ということでした。みなさん、そうなんでしょうか? 私はむしろ、髪を短くしてヒゲを生やしてイヤリングをしている、もっと年をとってからの姿が印象に残っていたので、そうしました。

具体的には、1992年のフレディ・マーキュリー追悼コンサートで、「Somebody to Love」を歌う姿です。フレディには誰も勝てないなあ、と思わされるなか、個人的には一番良かったと思います。ちなみにスミルノフ教授化するには、「禿げさす」しか手が思い浮かびませんでした。不愉快に思われた方がいらっしゃったら申し訳ありません。

それでは、みなさま、よいお年を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2017/10/09

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR