2017/10/09

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|by スポンサードリンク

2016/04/22

Formerly

プリンス

「Formerly」という言葉を聞くと僕はポール・マーリー教授(仮名)のことを思い出す。

何年も前の冬の話だ。有名なポール・マーリー教授は、日本なんちゃら学会に招かれて東京だかどっかだかで講演するため来日することになった。そのとき、夏もオーストラリアへ遠征するほどスキー好きだった教授は、かつての教え子が北海道にいることを思い出した。

「今度日本へ行くことになった。講演が終わったあとニセコというところへ行ってみたいので連れていってくれ」

僕はしかたなく愛車を運転して千歳空港まで教授を迎えに行った。教授は僕の車をちらっと横見すると「教授のお迎えっていったら普通は黒塗りのラグジュアリーセダンだろ」とでも言いたげな不服そうな態度はこれっぽっちも見せず、有名な教授にふさわしい実に堂々とした態度で、クレイジーな赤塗りのとても窮屈なフランス大衆車に乗り込んだ(「クレイジーな赤塗りのとても窮屈なフランス大衆車」とは、それから何年後かに聞いた僕の愛車に対する教授の印象である)。

その夜はあいにくの大雪で、吹雪いて視界も悪かった。北海道の冬に慣れていない僕の愛車は途中で何度も立往生した。僕も運転が得意ではなかったので、路肩がわからなくなって何度もノロノロした。

それでも助手席のポール・マーリー教授は、笑顔にひきつりなどこれっぽっちも見せず、有名な教授にふさわしい実に堂々とした態度で、思い出話に花を咲かせていた。

だがしかし、知ってる人は知ってると思うけど、北海道のドライバーは天候に左右されないスピード狂である。

うしろの大型トラックがいらいらして車間をつめてくる。対向車がいるのかどうかさえよく見えないのに、大型トラックはぜんぜん平気で、ものすごい轟音とともに100キロぐらいの猛スピードで僕を追い越していく。そしてトラックの巻き上げる雪でさらに視界が悪くなり、ほとんど何にも見えなくなった。

「アンビリーバボー……」

本場の本物のアンビリーバボーを間近で聞いた。

何も見えなくなった僕はまたまたノロノロ運転になる。そうすると後ろの車がイライラして車間をつめてきて、パッシングしだす。我慢が限界に達した後ろのドライバーは対向車の存在などおかまいなしに轟音をあげながら僕を追い越す……この繰り返し。

それでも助手席のポール・マーリー教授は、アンビリーバボーを必死にのみ込みながら、有名な教授にふさわしい実に堂々とした態度で、やがて見えてきた「虻田」という看板を「アビュータ」と声に出して読んだりしながら落ち着いているふりをしていた。

ニセコに着いてからも、教授は概ね機嫌が良かった。お前の車はひどいとか、お前の運転は下手だとか、北海道のドライバーはキチ◯イだとか、死ぬかとおもったぞとか、そんな文句は一言も発しずに、やはりニセコはすばらしい、さすが世界に名だたるパウダースノウだ、アンビリーバボー、といってスキーを思う存分楽しんでいた。

次の日ぐらいになると、教授もかなりリラックスしてきて、有名な教授とかつての教え子という窮屈な関係も少しくだけてきたので、僕は夕食のときに思い切って冗談っぽく言ってみた。

「実は、あのとき事故ったらどうしようって思ってました。教授も怖かったんじゃないですか?」

でも教授は有名な教授にふさわしい実に堂々とした態度で、気取った持ち方のスプーンでスープを口に運びながら「そんなことはない」と笑っていた。

僕が、有名な教授が事故で死んじゃったら新聞の見出しに出ちゃうな、とか想像して、

「Paul Marley, Famous Professor from US, died in Car Accident at Niseko...」

と口にしたときだった。教授は突然恐い顔になり、

Formerly !

と叫んだ。僕はびっくりした。何のことかわからないので、見開いた目で教授を見つめたまま黙って続きを待ってるしかなかった。

「Formerlyが抜けてるんだ。死んだんだからFormerly Professorだ!」と教授は付け加えた。

プリンスの訃報に際して、これで彼は本当に「Formerly Known as Prince」になったんだなあ、とか思ったついでに、思い出した話である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2017/10/09

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR