2016/01/13

2015年に読んだ本ベスト5

年間100冊はミステリィを読みたいと思っているのですが、なかなかそうもいかず、昨年は50冊ほどにとどまりました。友人のブログで「今年読んだ本年間ベストテン」みたいなのを見て、オレもやりたい!と思ったのですが、新刊の単行本を読むことはほとんどないし、意地でも気長に文庫化を三年待つ、いや、それどころか、さらに文庫が某大型古書店に流れて値崩れするのを待つ、というのがふだんの私です。そんな私が、たった50冊のなかから10冊選んだところで、今更感満載のしょぼいベストテンになるのは目に見えています。

でもやっぱりやりたいので、遅きに失した感はありますが、2015年度の私的ベストファイブを選んでみました。

第5位 麻耶雄嵩 神様ゲーム (講談社文庫)

推理を間違った探偵が失意のあまり失踪、探偵役が解決を全く解説しない、名探偵より優秀なワトソン役、一度解決した物語を破壊して多重解決、捜査も推理も全部使用人にやらせる探偵など、ミステリィの構造そのものに対する問題提起を続ける孤高の推理小説作家、というのが私の麻耶雄嵩に対するイメージです。

本書は「神」が探偵なので、どんなに意外だろうが、どんなにあり得なかろうが、神が名指しする犯人こそが真犯人であることに疑いを持つことは許されません。それでも巷のネタバレサイトでは、まるでヨブが神と対峙するみたいに、様々な整合性の検討が行われています。しかし、理不尽こそ神の特質ではないでしょうか。また、作品における神はどうあがいても作家なのです。

麻耶雄嵩は2012年以前の作品はすべて読みましたが、寡作な人なので、全部読み切ってしまうのが恐く、新刊の単行本には手を出していません。「さよなら神様」「貴族探偵対女探偵」「化石少女」「あぶない叔父さん」の文庫化を気長に待ちたいと思います。

第4位 中田永一 百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)

これは、どうして手にとったのかよく覚えていません。主題作が原作の、同名映画の主演が早見あかりだから、というわけでは全くぜんぜんほんとにぜったいありません。私はZ新規だしあかりんの活動までつぶさに追っているわけではないのです。ただ、映画化されたことで題名をなんとなく知っていたところに、中田永一というのは実は乙一の変名だと教えられ、へえっと思って手にとったのだと思います。とはいえ、乙一も読んだことないのですが……。

どうせラノベだろうし、いい年したおっさん(50超)が童貞小説なんかに耐えられるだろうか、とも思ったのですが、構成・文章ともにさすがプロの仕事ってかんじで、少女漫画を愛読していた高校生のころにあっさりと戻されました。おじさん(50超)完敗です。でも、岡村靖幸(50超)だっていまだに童貞歌謡を歌ってるし、あの頃の「はっきり恋とまではいえない淡い感情」を思い出して浸るって行為、人目につかない自分の部屋でこっそりとならば、おじさん(50超)にだって許されるよね。てゆうか許して。乙一も読んでみようかな、と思いました。

第3位 トム・ウッド パーフェクト・ハンター (上) (ハヤカワ文庫NV)

知人に海外のアクションものやスパイものばかりをひたすら読むマニアックな方がいて、先生ってミステリィ好きなんだってね、こんどなにか見繕って持ってきますわ、って言われ、いやあ、翻訳ものはちょっと苦手なんだけどなあ、と言い出せずにいたら、数ある本の中からこれが一番おもしろくてオススメですって最初に持ってきてくれたのがグレッグ・ルッカ。しょうがないので読んでみたんだけど、苦痛なだけで全部読めませんでした。

「すべてが伏線の文章」から成り、誰も考えつかない「超意外な犯人」で終わる日本のミステリィを愛読している身としては、この手の海外小説はだいたいが「悪の組織」対「偽善の組織」で、ドンパチドカーンが始まり、後半で味方だと思っていた上司が実は黒幕だったことが判明、そして最後は最強の敵となぜか素手で殴りあって終わるというワンパターンの展開ばかりで、もう読むのめんどくさいから映画にしてくれた方が話が早いと思っちゃうのが常でした。

だけど、せっかく貸してくれたのにつまんなかったとも言えず、それからも一応リー・チャイルドとか、次々借りて修行のようにむりやり読んでたんだけど、昨年やっと「おもしれえ!」と思える作品に出会えました。それが本書、パーフェクト・ハンターです。まず、主人公のヴィクター(仮名)がいい。ジェイソン・ボーンから迷いと苦悩を取り払った感じの完全無欠の暗殺者、任務遂行がまず第一であり、邪魔なら無関係な庶民もためらうことなく抹殺します。そんな血も涙も正義感もない奴が主人公で果たして話にのめりこめるのか、と最初は思ったのですが、あまりの冷徹ぶりに逆に清々しさを感じるほどになり、完璧な仕事ぶりに痛快さを感じるに至っては、自分まで冷酷な殺人マシーンになってしまったのかと錯覚するほどでした。

そして、主人公が非人間的であればあるほど、物語の後半、一行でも人間的な素振りを見せれば、読者はますますヴィクターが好きになり、感情移入するようになります。手のつけられない不良学生が捨て猫を拾うところを偶然目にした少女が恋におちいるみたいな、心憎いほどの伝統的テクニック!

だがこのテクニックに難点があるとすれば、それは今後ヴィクターが人間らしさを見せるようになればなるほど、物語は逆説的につまんなくなるという点です。そういう心配を抱きつつ、続編「ファイナル・ターゲット」も読んでみましたが、その心配は杞憂に終わり……ませんでした……。

第2位 乾くるみ Jの神話 (文春文庫)

あるときふと、悪名高きメフィスト賞受賞作のうち、未読のものを全部読んでみるか、と思いたち、そういえば乾くるみ先生の「Jの神話」って読んでなかったなあと思って手にしました。内容は全く知りませんでしたが、まともなミステリィでないことは知っていましたし、評判といえば悪いものしか耳にしたことがありませんでした。メフィスト賞といえば「アレ」な作品、という印象を決定づけたという、悪い意味で歴史的な作品ともいえます。

どんだけひどいのか、覚悟の上で読み始めましたが、デビュー作にもかかわらず思いのほかしっかりとした語り口にびっくり、「イニシエーション・ラブ」や「リピート」の文体はなんかできの悪い学生が書いたみたいで好きになれなかったのですが、あれは主人公に合わせてわざとやってたんでしょうか。

そして、「館もの」かと思わせておいてのまさかの展開、当時「本格ミステリィ」だと思って読み始めた人々のがっかりする顔が思い浮かび、痛快でニヤニヤが止まりませんでした。こんなところで、殊能将之の「黒い仏」を読んだときの爽快感をまた味わえるとは!

黒猫こと名探偵・鈴堂美音子のハードボイルド的な活躍もたまりません。なにかのレビューで、名探偵といってるのに失敗ばっかりと酷評されていましたが、名探偵から失敗をとったら物語になりません。窮地に追い込まれてこそ名探偵です。

ぜんぜん期待してなかったぶん高評価、未読の乾作品も読んでみようと思うに至りました。

第1位 深水黎一郎 ジークフリートの剣 (講談社文庫)

そして第1位はダントツの満場一致(といっても私ひとりしかいないのですが)で、本作に決まりです。

殊能将之が故人となり、森博嗣が引退カウントダウンに入り、麻耶雄嵩は相変わらず寡作、ということで、私は「全作品を読みたい」と思える新たな作家を探していましたが、どうやら深水黎一郎先生が新たな必読作家になりそうです。

以前にも、「エコール・ド・パリ殺人事件」を題材にしたエントリーを書きましたが(「エコール・ド・パリ殺人事件」2015.03.10)、本作も氏の芸術に関する豊富な知識を背景に、物語は進みます。特に声楽、オペラ、ワーグナー、バイロイト音楽祭などの記述がすばらしく、小説を別にして、これだけで分かりやすい解説書だと言っても過言ではありません。この方面の知識が無くても読むのに全く心配はありません。なにも知らない人にわかりやすく教えるということがどれだけ困難なことか、私も少しは知っているつもりですが、ほんとうに天才的な仕事だと思います。

本作(2010年単行本・2013年文庫)は、「トスカの接吻」(2008年ノベルス・2012年文庫)の登場人物が主人公となりますが、それまでのシリーズ作品にみられたユーモア・テイストが影をひそめ、またミステリィではありますが、読み手によってはむしろシリアスな恋愛小説と受け取れるかもしれません。

私も読後からしばらく経った今となっては、犯人が誰だったかというよりも、男女の愛とはなにか、情念とはなにか、またそれらは死してもなおこの世に漂っているものなのだろうか、といったテーマが先に思い浮かびます。特にラスト・シーンは圧巻で、なぜこの小説が「ジークフリートの剣」という題名でなければならなかったのかが見事に明らかとなり、それを思い出すだけで今でも涙が浮かびます。

これは最高級の文学作品です。

ただ、なにかのレビューで、最後にわけのわからない天才探偵が出てきてあっさり解決しちゃうのがあり得ない、みたいなのがありました。我らが芸術探偵・神泉寺瞬一郎のことですが、まあシリーズものなので初読が本作ならそう思うのも致し方ないかもしれません。そういう意味でも、「トスカの接吻」を先に読んでおくと、よりいっそう楽しめる、というか感動できることでしょう。

以前、ツイッターで、深水氏の短編集「言霊たちの反乱」がすばらしかったというツイートをしました。「ただし、『鬼八先生のワープロ』以外」と付け加えたのですが(ちなみに「鬼八先生のワープロ」は最初から最後まで下ネタが炸裂してる作品です)、なんと深水先生ご本人から、「教授は下ネタがお嫌いですか? そうは見えませんが」というリプライをいただき、驚きました。もちろん私のは深水先生に当てたツイートではなかったので、深水先生は日夜自らの作品の評判を探るべくエゴサーチに励んでおられるに違いありません。そんなフットワークの軽さも魅力です。

冒頭で、私は新刊単行本は文庫化まで待ってから読むと書きましたが、深水氏の最新作「ミステリー・アリーナ」は待ちきれずに買ってしまいました。うーん、でもやっぱり文庫になってからでよかったかな……ただ、三回ぐらい腹がよじれるほど笑いました、……と書くのは、やっぱりネタバレでいかんだろうか……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2017/03/14

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR