2003/07/10

今日の麻酔

先生も、たまにはひとりで麻酔に従事します。

帝王切開。しかし、今日は勝手が違った。妙に怯える患者。聞けば、切迫流産の繰り返しで、妊娠期間のほとんどを病院で過ごしてきたという。そんな困難な道のりの劇的なゴールを目前に控えては尋常でいられないのも無理はない。

「生まれてくる時は少し苦しいかもしれないけど、頑張って」

ああ、我ながら背筋が寒くなるいつものセリフ、もちろん、営業用のセリフ。 無事娩出と同時に号泣の母親。これほど凄まじい嬉し泣きは、先生の長い麻酔科医経験をもってしても初めてだ。長い入院で思い入れも強くなっている看護師や産科医は、おめでとう、良かったねと、自分のことのように喜んでいる。 先生はもちろん…喜ぶそぶりなんて見せない。一緒に苦労してきた彼らには一緒に喜ぶ権利があるが、先生はたまたま今日来ただけの派遣医師である。 児はなかなかかわいい。手を握ったり開いたりしている。このー、苦労かけやがって、やっと生まれてきたかー、このー…ああ、いかん、いかん、感情移入は禁物である。先生はたまたま今日きただけの出張医なのだ。

「大騒ぎしてすいませんでした。苦しいどころか、かえって気持ちよかった。」

最悪の事態だ。母親に礼を言われそうである。今日たまたま来ただけの先生に、礼を言われる筋合いはない。何とか患者の視線から我が身を隠す。

無事に手術室を出るまで見届ける。患者に近寄りすぎず、離れず、絶妙の距離を置いて。ドアがあくと、だんな様と感動の再会である。いかん、だんなと目が合いそうになった。会釈なんかされたら、えらいことだ。先生は麻酔科医、人知れず命を預かり、人知れず無事を喜び、人知れず去っていく、さすらいの麻酔科医なのだ。先生は、人にお礼を言われたり、感謝されたりするために働いているのではないのだ。そんなの、プロではないのだ。

先生のサイトも、普通の医学系日記サイトみたいになりたくて、日常の診療風景を具体的に描いてみました。麻酔科サイトのくせに、サイト開設3年で、初めてやってみましたが、気恥ずかしいし、意外につまんないので、今日限りでやめます。


関連記事

2020/05/20

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク


教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR