2011/07/02

コトラ1:私の名前

私が紹介することになったのは、旭川のかりんとう専門店「北かり」のかりんとうである。教授がスイーツブログはもうやめたと云って旅に出てしまい、原稿を書いてくれないので、私にお鉢が回ってきた。しかし、見知らぬ私がいきなり「かりんとう」について語ったところで、私についてなんのバックグラウンドも持たない読者が興味を示すとは思えない。そこでまず、私は何回かに分けて自分語りをしようと思う。いったいいつ「北かり」のかりんとうに辿りつけるのかは未定である。

最初にひとつ断っておきたいことがある。毎回私が書く文章は数行に過ぎないのだが、翻訳者の意向により人間の言葉に翻訳する過程でかなりの長文となってしまうようである。だが私の言いたいことは毎回ほんの数行分である。であるから、こんな駄文はすっとばして、さっさと写真だけ眺めてもらっても一向に構わない。むしろその方が本来の私の意図が伝わりやすいかもしれない。

申し遅れたが、私の名前はコトラという、らしい。これは私の餌やり女がつけた名前である。漢字で「虎虎」と書いてコトラと読ませるそうである。どちらかというと牛模様の私なのに、どうして虎が出てきたのかは皆目検討がつかない。

だいたい私は「名前」というものが何なのかよく分からない。 そもそも私の頭の中には名詞が存在しないのである。私の頭の中には食べる、走る、吠える、嗅ぐなどといった動詞しか存在しない。だから「名前」がどういう意味を持つのか理解できないのである。ちなみに「意味」も名詞であるから「意味」の意味もよく分からない。

しかし、人間の言語世界は基本的に名詞の集合体であるから、名詞を使わずして私の文章を人間の言葉に翻訳するのは不可能であり、おそらく翻訳者は極端な意訳を使わざるをえないだろう。翻訳者の苦労に対しては気の毒に思うが、私の考えていることが人間に伝わるなどとは初めからこれっぽっちも期待もしていないので、どのように訳されようと全く構わない。 私にはどのように訳されたのかを知るすべもないのだし。(続く)

著者近影:牛模様の私
著者近影:牛模様の私

関連記事

2020/05/20

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク

コメント
翻訳に使われてるのはやっぱりこれでしょうか。 http://prof.suemeweb.com/log/eid915.html
  • かくた
  • 2011/07/03 12:31 AM
いつも怪しげな笑みを浮かべた教授の絵から犬に変わっていた事にびっくりしました。
  • 眠狂四朗
  • 2011/07/04 8:36 AM
>かくたさん 過去ログ掘り起こしありがとうございます。
  • スミルノフ
  • 2011/07/07 10:34 AM
>眠狂四朗さん 私はまだ自分が犬がとは一言も言ってないぞ。ガウッ
  • コトラ
  • 2011/07/07 10:35 AM
コメントは終了しました。

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR