2018/01/16

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|by スポンサードリンク

2010/01/25

さあ、コペンハーゲンってどこの国の都市だっけ?

はてブがたくさんついた記事を読むことはほとんどないんだけど、最近これを偶然読んだ。そしてフーコーを連想したのだけれど、そのあとこの記事の500個以上のブクマを見たら、フーコーに言及してるものがちらほら、中井久夫について語るものまでいて、マーカーのみなさんお前らって何者なの? 研究者とか一流大学の学生とか院生なのかなって思った。だって少なくとも私の教え子たちにフーコーを知っている人がいたとは思えない。フーコーは医学史に関わる著作もあるから、医学生の間で有名であってもよさそうなものだが、私は教員時代に学生とフーコーの話をした記憶は一度も無い。さすがにフランクルだったら有名かもしれない。でもどうかな。それでもローリーは知っているだろうか?

そもそも医学部の学生や研修医は、まあ医者もそうかもしれないし、あるいは私が教えてた大学の連中が特別そうだったのかもしれないが、実際の臨床に役立たない知識だと判断すると、とたんに驚くほど無関心になる。そのことを象徴するような出来事を、たまたまHDを整理していたら出てきたこの写真で思い出した。

ABL

ラジオメーター社の血液ガス分析装置である。同社はこの分野で世界的なシェアを占めている。私はわざわざ「COPENHAGEN」という文字を強調してこの写真を撮った。だってね、みなさん、おかしいと思いませんか? 血液ガスの測定機器に限って、アメリカでもない、ドイツでもない、日本でもない、コペンハーゲンという都市がある小国の会社が大きなシェアを占めているんだよ。

さあ、コペンハーゲンってどこの国の都市だっけ?

そう、デンマークだよね。賢明な読者諸君はすかさず答えたはずだ。そしてもう興味津々になってるよね。ねえ、どうしてアメリカでもなくドイツでもなく日本でもなく、血液ガス分析に限ってデンマークが出てくるの? もうあなたは早く答えを教えろってイライラしているはずだ。

それはどうしてかというとね、デンマークがポール・アストラップ博士という血液ガス分析のパイオニアを生んだ国だからさ。あのね、1950年代の初頭、デンマークではポリオが大流行し、何百人ものこどもたちが呼吸不全で亡くなっていたんだ。そこでアストラップ先生は……。以下はめんどくさいのでコレでも読んでね。

血液ガス分析のことをアストラップって呼ぶ医者もいるよね。それぐらいすごい先生なんだよ。でも私はそんな医者、「メスよ輝け」の当麻先生以外に見たことないぞー。そんなのそうとう古い医者だと思うぞー。

まあそれはおいといて、いかがだろうか。この測定装置の「COPENHAGEN」という文字は、血液ガス分析の話のとっかかりとしてはとても良い素材なんじゃなかろうか。みなさん、引き込まれたでしょ。だから私はそういうふうに話し始めて、それからアストラップ先生がアメリカの学者たちと勇敢に戦った話とか付け加えてやろうと思い、さっそく研修医たちを集めた。私の素晴らしい講義が始まるぞー。私は質問した。

さあ、コペンハーゲンってどこの国の都市だっけ?

「えっと、どこだったかな」
「聞いたことはあるんだけどな」
「ハーゲンっていうぐらいだからドイツなんじゃないですか?」
「あー、東欧の方じゃなかったっけ?」
「オーストリアとかじゃない?」

いかん。私はこの大学の連中をすっかりナメていたようだ。ローリーにいたっては、知らないってこと自体に悦に入り、自慢気な笑顔を浮かべている。

ローリーが研修医に毛のはえた程度だったこの頃、翡翠科医の間ではプレコンディショニングという言葉がちょっとブームだった。プレコンディショニングというのは、心臓が短時間の虚血にさらされると、それで虚血に強くなって心筋梗塞になりにくくなるって現象のことだ。そして、あたかも短時間の虚血にさらされたかのように虚血に強くなることをプレコンディショニング効果と呼ぶ。当時、翡翠薬のいくつかがこのプレコンディショニング効果を持つのではないかといわれており、それで学会や学術雑誌などで話題になってたのだ。もちろん、そんなことはまだ教科書とかには書いてなかった。

ちょうど私がプレコンディショニングについて議論しているところに、研修医に毛のはえた程度のローリーが入ってきた。研修医に毛がはえたぐらいの頃というと、もうそろそろ教科書一辺倒の勉強は卒業して、学術雑誌なんかも読み始め、旬の知識を仕入れたりし始める頃である。私はローリーがそういう一人前への道を歩み始めているのかどうか、ちょっと試してみたくなった。そこで聞いてみたのである。

ローリー、プレコンディショニングって知ってる?

ローリーの答えはこうだった。

ローリー

「それって新しいバンドですか?」

ローリーは満足気な笑顔で答えた。このときのローリーの心の中はおそらくこうだ。俺はスミルノフ先生がロック好きなのを知っている、上司の趣味を知り、上司の気を引く会話がよどみなくできる俺、俺って素晴らしい部下だ。

私はそういうローリーの健気な心境が理解できたので、怒ることはせずに話をそのまま合わせることにした。

「そうそう、今どきちょっとアレかなって思うんだけど、グランジの影響受けちゃっててさ、プレコンディショニングなんていかにもグランジっぽいよね。ボーカルにもディストーションかけちゃってさ、俺の心臓強いぜーっとかって歌うんだよ。そういえば、こないだローカル放送にも出てたぞ。石川テレビをご覧のみなさんコンニチハ!プレコンディショニングです!ってね。」

ローリーは私の妄想癖のスイッチを入れる天才だった。

あれからもう何年も経つ。ひとつ分かったことは、ローリーがいなければブログ記事ひとつ書くのにもたいへんな苦労がいるってことだ。その後ローリーは専門医試験にも合格し、プレコンディショニングの研究に打ち込むほどまでに成長した。だけど、コペンハーゲンがどこの国にあるのかは、結局教えるのを忘れてしまった。COP15も開催されたことだし、さすがにもう分かっているだろうと思いたい。

私はローリーとの再開を楽しみにしている。そして最初の挨拶はこうに決まってる。コペンハーゲンってどこの国の都市だっけ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018/01/16

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
> フーコー 新さっぽろの青少年科学館にでっかい振り子がありますよね。 > プレコンディショニング だめだなあ教授。コンディション・グリーンの間違いでしょ。
  • かくた
  • 2010/01/28 12:29 AM
沖縄のパープルが紫だとすると、コンディション・グリーンは沖縄のサバスって感じでしょうか。その後、たしか激しいメンバーチェンジで、どっちが紫でどっちがコングリか分からなくなったと記憶しています。
  • スミルノフ
  • 2010/01/28 9:02 AM
いつも楽しく拝見しております。 今回は弊社を取り上げていただき、非常に嬉しく思っております。また同時に、やっと取り上げて貰えた、との感慨にも浸りました。 スミルノフ先生がどちらの大学に勤務されているかは存じませんが、現在も弊社製品を使用されているのでしょうか? もし、使用されていないようでしたら、是非ご検討よろしくお願いします。
  • イトー キーチ
  • 2010/01/28 5:26 PM
弊社? ラジオメーター社の方ですか? いやー、感激だなあ。 デンマーク行ってみたいなあ、連れてってくださいよ。デンマーク大好きなんっすよ。ベントナー、ソレンセンとの対決も今から楽しみです。
  • スミルノフ
  • 2010/01/28 9:08 PM
>実際の臨床に役立たない知識だと判断すると、とたんに驚くほど無関心になる。 お師匠さんの世代と自分を比べて、決定的に違うな、と思うのがここです。役立つか否かは後になってみないとわからない、というのが真実っぽいですが。 コペンハーゲンは私も知りませんでした。自身の無知を戒めるため、明日から無闇にアストラップを連呼してみたいと思います。
  • bupivacaine@心労内科
  • 2010/01/29 1:49 AM
役立つか否かは後になってみないとわからない、ということに私は無関心です。そもそも役立つ、役立とうということに無関心です。実際役立ってたとしても、その瞬間は役立ってると意識しないものです。
  • スミルノフ
  • 2010/01/29 9:48 PM
私が後期研修医になったころ、スーミー教授の喉頭鏡素振りを最初に拝見し、時の専門医達から、「教授の様に一日1000回素振りしろ」といわれ、はや専門医を受験できちゃうお年頃になったので、コメントしてみることにしました。 この頃の世代として、師匠達のように小さなことからこつこつと、まずサバスから復習しようと思います。 私的には、まだクリームの方がとっつきやすいので、今日は当直がてらyoutubeで探そうかと思います。
  • Ray nowhere
  • 2010/01/31 9:17 AM
学生時代に教授たちのお話を拝聴していると、 実に多彩で多分野にわたる興味と知識をお持ちで、 ヒジョーに感動させられることが多かったです。 いわゆる「専門バカ」みたいな方は少なかったですね。 国家試験の問題数がやたらと増え、医学部が国試予備校化しつつある現在、「役立たない知識」を身につけたいという知的好奇心が、医学生から失われつつあるのかもしれません。
  • はなこ
  • 2010/01/31 10:39 PM
いつも楽しく拝見しています。 今日の講義は大変ためになりました。昨年末の地雷除去のリンクと言い、スミルノフ教授のお話は元気が出ます。 >でも私はそんな医者、「メスよ輝け」の当麻先生以外に見たことないぞー。 佐々木倫子作 「おたんこナース」の似鳥ユキエも確か使っていたはずです。こんな深い意味であったかと・・・。
  • ぽちお
  • 2010/01/31 10:55 PM
>Ray nowhereさん、はなこさん、ぽちおさん このエントリーにこれほどたくさんコメントをいただけるとは思ってもいませんでした、ありがとうございます。 私は地道な努力が大事などとは全く思ってませんし、幅広い知識が大事とも全く思っていません。すべての答えは神の御心に、あるいは神を信じないのであればあなたの心の中に答えがあります。 そもそも何が大事か言ってしまえば、何かが大事ではないと言ったことになってしまいます。もしもこの世に大事なものがあるとすれば、それはたいがい大事でないものでできていることでしょう。 ところで私にも昔の人と同じように私よりも若い人たちとの間に世代間のギャップがあるとは軽くショックを受けました。私は若い頃と何も変わっていないので(それは年を取るにつれて誰でも実感することでしょうけど)、何となく今の若者とも同じであるような錯覚に陥っていました。自分の若い頃と現今のそれとを大した変わりはないと思い込んでしまっていることに気づかされました。
  • スミルノフ
  • 2010/02/07 8:58 PM
コメントは終了しました。

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR