2008/10/25

自殺願望と希死念慮

私は精神医学の専門化ではないので的外れな点もあるかと思うが、うつ病での希死念慮というものは「何か嫌なことがあっていっそ死んでしまいたい」という状態とはちょっと異質なものとして定義されていることが多いようだ。「死んでしまいたい」どころではなく「死ぬ以外は考えられない、いや、死ななければならないのだ」というひどく狭い考えが袋小路に入ったのが希死念慮であり、そして回復してそれが去ったあとは、どうしてあれほど死のうと思ったのか自分でも理由が見つからない、という性質を有するらしい。

だが、それも単純で画一的な説明だとも思う。この希死念慮の定義では、WHOの「自殺者は死の直前まで迷っているものだ」という主張とやや矛盾する。そして、ただの自殺願望と希死念慮が異質なものだとしても、じゃあただの自殺願望なら大丈夫だという保証は全くない。

希死念慮の謎|kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)

私はたびたびこの精神科医の意見に目から鱗が落ちる思いをする。うつ状態と希死念慮の間には、我々が単純に思うほどの相関はないのかもしれない。また、ETC直後に「希死念慮が消えていない」と叫ぶ症例には、うつ病患者にとって希死念慮とはそれほどまでにはっきりしたものなのかと驚愕させられる。

希死念慮のある患者にはまずSSRIを投与しないという彼の意見にも賛成である。医学生レベルではうつ状態からの回復期は行動力も回復するのだから自殺企図に注意しなけれならないと解説される。したがって門外漢はSSRIを投与すると自殺をするのは「うつ」の回復途中だからだと考える。だが私はこの精神科医と同様、それは全く違うと思う。私は一度自分でSSRIの増量を試みたことがあるのだが、たしかにSSRIは外界からのストレス刺激に対して壁を作ってくれるというか、そのストレス刺激そのものがどうでもいいやと思えるようにしてくれる。だがそれが過ぎると、ほんとうにすべての事象がどうでもよくなり、私の存在そのものもどうでもよくなってくるのだ。私はいっそ自分の存在を消したいと思った。私は「うつ」による希死念慮がどういうものなのかまだ判然としないのだが、これは明らかにそれとは違う感覚ではないかと思っている。

今日は自分でも少し焦燥感のようなものが強いと感じたので自殺について客観的に考えて落ち着こうと思いこれを書いている。私はどちらかというと過眠タイプに陥る。いつまでも眠っていたくなる。朝目覚めると、目覚めてしまったことがつらく感じる。このまま目覚めなければいいのにと思って床に入る。いっそ末期癌だったらいいのに、とか思う。およそ希死念慮にはほど遠い。


関連記事

2020/07/26

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク


教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR