2008/09/20

プロフェッショナルなんてくそくらえ。

NHKのプロジェクトXの後釜的番組に茂木ナントカさんがやっている「プロフェッショナル」という番組がある。なんかの名人とか、それこそ医者だったら神の手とかそういう感じの人が出てきて、最後にプロフェッショナルとは何ですかという質問に答える。24時間そのことを考えるのがプロとか、たいていそういう感じの答えが返ってくる。

先日、僕の送別会があった。僕の医局では毎年1回自主制作映画を作るのが恒例になっているんだけど、僕はその第1作と第2作で主人公の敵役という準主役を演じた。そして、その映画で僕の出ている名場面が編集されたダイジェスト版がそこで大型スクリーンに映し出された。

僕は6年前にこの若者ばかりの医局に指導者として期待されてやってきた。僕はただ自分を見せるだけで押し付けや具体的な指導はしない。彼らには充分カルチャーショックだったろう。それで充分だ。相手を全否定するのもイヤなので、こういうふうにやりたいという提案があったときは「いいんじゃない」が口癖である。もっともっと10年以上も前になるけど、前の大学でも新人たちがマックのアラート音を僕の「いいんじゃない」に設定して、あっちこっちで「いいんじゃない」「いいんじゃない」って鳴りまくっていたことがあったから、やっぱりこれは僕の代表的なセリフなんだと思う。

映画では、たいてい僕は敵役というか悪者というか真犯人だったりするんだけど、その動機となった理由や怒りなどについては台本に書いていないんですよ。他のセリフはびっしり台本に書いてあるんだけど、その僕の独白の場面だけは台本が真っ白なんです。そして監督が、そこはアドリブでお願いしますって言うんだ。それが恒例だったんです。

2作目では、主任教授の座を争うバトルロイヤル戦で、僕と後輩の女医が最終決戦を行うんだけど、僕が彼女に負けそうになる。そこで僕は降参するふりをして土下座をする。土下座をしながら僕の独白シーンとなるんだ。

「お前ら、仕事に命をかけたことがあるか。寝ないで論文読んだり書いたりしたことあるか。ただ時間に流されるようにだらだらと目の前の患者さばいてるだけじゃねーか。仕事っていうのはな、プロっていうのは仕事に命をかけることなんだよ。」

正確には覚えていないけど、こんな感じ。今思うと背筋が寒くなるね。そしてこういいながら彼女に襲い掛かる。

「プロなら最後まで油断やスキを見せるなー!」

ま、結局やられちまうんだけどね。

後輩たちにとって、普段は「いいんじゃない」とばかり言っている僕の本心、僕の厳しさを映画のセリフで知ってかなりショックを受けるというのも、それもまた恒例だったようだ。

当時は僕は本当にそう思ってたから言ったんだけど、そう言ってるやつが映画では結局必ず負ける。そして現実でも、つまり僕の中でも、実はそんなこと言ってた奴はとっくに負けていなくなっているんだ。

世の中、プロフェッショナルに出演して茂木ナントカにプロフェッショナルとは?なんて聞かれるのは社会の極一部の人なんだよ。世の中にはいろいろな人がいる。じゃあ24時間仕事のことを考えられない人はプロとはいえない、だから仕事をする資格ないのか、いや、そんなことはないよね。5時で帰る人だって、パートの人だって、みんな戦力には変わりないんだ。仕事じゃなくて家庭に帰ってから本領を発揮する人だって、家族にしてみりゃとても大事な人だ。世の中働かない人も病気やいろいろな事情で働けない人もいる。そんな人たちも、全部全部含めて社会なんだ。世界なんだ。みんながみんなNHKのいうプロフェッショナルである必要なんてどこにもないんだよ。むしろ組織の、社会の、世界の構成員の最多数派は、「その他大勢」の人なんだ。「その他大勢」っていうのは大切なことなんだよ。なんといっても、組織を社会を世界を成立させるために最も重要なのは一部のプロフェッショナルなんかじゃなくて「その他大勢」に他ならないからね。

だから僕は今後は幸せなその他大勢とは何かを少し模索してみることにするよ。


関連記事

2020/07/26

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク

コメント
お疲れさまです、教授。お久しぶりっこです。このプロフェッショナルなんてくそくらえ!感動しました。僕は、最近の神の手!っとかいうテレビ番組に軽く、鳥肌実です。僕は喉頭鏡素振りのプロです。・・・今徳島です・・今からゲリラ発表に行ってきます、私の学会に対する、ささやかなテロ行為です。ではまた。2月に同窓会で札幌に行きますので、ゲリラ的に顔を魅せにいくかもしれません・・。すみません。
  • yanashin
  • 2010/11/04 11:19 AM
今読むと完全にルサンチマンですね。すぐサボるプロフェッショナルとか、言われたことやらないプロフェッショナルとかもやってほしいですよね。って、おまいらを思い出すなあ。
  • スミルノフ
  • 2010/11/17 1:32 PM
何だかシモーヌ・ヴェイユを連想させる文章ですが、先生はヴェイユの読者なんでしょうか?
  • 仮性体臭
  • 2010/12/11 12:26 AM
>仮性体臭さん 田川建三やヴェイユの名前がすらすら出てくる学生時代の知り合いといえば一人しか思い浮かびません。ヴェイユの思想を理解するのは私には難しすぎます。ただ、発言と私生活が別物の哲学者・思想家・評論家が多い中で、彼女の生き様には惹かれるものがありますね。
  • スミルノフ
  • 2010/12/14 11:21 PM
ああ、すみません。学生時代というのは私が学生時代と言うだけで、私は先生の教え子でした。麻酔科志望でしたが諸般の事情で諦めたどうにもならない奴ですが、印象は薄いので覚えてはいないでしょうね(笑)
  • 仮性体臭
  • 2010/12/15 7:04 PM
人間違いをしたようですいませんでした。まさかそういう素養のある方が学生の中にいらっしゃるとは思ってもいませんでした。たとえば文系の大学を出ていらっしゃるとか、そういう方でしょうか。あの頃私はたしかに歴史的イエス像に凝っており、田川先生やヴェイユのキリスト教感などに興味を持っておりました。
  • スミルノフ
  • 2011/01/07 12:18 PM
私が医学部の3年の時だったと思うのですが、田中耕一さんがノーベル賞を受賞され世間が湧きました。思えばあれは「無名の領域」に居る人たちが自分に光が当てられたような気になったからだったのではないかと当時感じたのを思い出しました。 私は文系の大学を出ている訳ではありませんが、10代の頃から背伸びをして思想・哲学・文学関連の書籍を乱読していました。そのせいかどうかは知りませんが、最初に卒業した大学でも医学部でも所謂「浮いた存在」でした。東京の大学とは環境が違ったせいもあったのでしょうか。医学部では4年、5年、6年と3年連続の「習慣性留年」をしました。周囲がしゃにむに勉強している姿を見て、どこか馬鹿馬鹿しいと感じ、それを言い訳に怠け続けた結果故のことでした。そしてこのことが自分が書物から得た結果であったとしたら、それはもっと馬鹿馬鹿しいことだと思い、何とか医者にはなりました。ですが今医者になってみて、これまで自分が培ってきたものが何ら己の生き方を支えられていないような気がして(役に立つ、立たないとは別の意味で)、今度は全く書物を読まなくなりました。「自分の生き方を支えられない哲学」ほど無意味なものはないからです。 そこで先生にお尋ねしたいのですが、先生はこれまでに思想・哲学といった人文領域の素養によって己の生き方がcultivateされたなあと感じたことはあるでしょうか?あるいは無意味に感じたことはあったでしょうか?宜しければお答えください。 長文で済みません。
  • 仮性体臭
  • 2011/02/04 11:38 PM
個人の生き方の(特に自分の)中の、何かの変革を期待して哲学や思想を読むのはおそらく時間の無駄です。そうでない人もいるでしょうが、たいていの人にとって哲学や特定の思想は日常生活において全く不要です。特にポストモダン以降の、ざくりといってしまえば、私たちは私たちが作ったはずの社会、世論、市場などといった目の見えない物に支配されててどうしようもない、とかいう言説を読んだところで何にもなりません。それから、哲学というのは実はキリスト教と切っても切れない関係にあり、例えばデカルトの「我」は、日本人はこれを独立した自我の萌芽として賞賛する向きがありますが、本当は神が与えてくださった神のものとしての「我」です(by 木田元)。私がキリスト教も合わせて勉強したのはそういうところが見えるようになりたいと思ったからです。 ヴェイユやウィトゲンシュタインに凝ったこともありますが、私はその思想言説よりも、その生き方そのものに興味があったようです。イエスにしてもしかりです。 私の結論としては、個人の生き方をより良くするためとか、自分の知識をより深くするためという目的で思想哲学を学んでも失望するだけと思います。もし読むのならば、ただそれがなかなかおもしろいからだ、という理由によってのみ読まれるべきでしょう。そうでなければ、そのへんのラノベで感動する方がよほど有意義です。
  • スミルノフ
  • 2011/02/06 6:56 PM
なるほど。先生のお考えが良く分かりました。確かに仰るとおりです。私はヴェイユを吉本隆明の著作で知ったのですが、その吉本氏を田川先生は糞味噌に貶していました。正直聞いていて少ししんどかったのですが、何とはなしに世代的なルサンチマンがそこには存在したような気がしたのを思い出しました。「個人の生き方をより良くするためとか、自分の知識をより深くするためという目的で思想哲学を学んでも失望するだけと思います」というのはこんなとこにも出ているのかも知れません。 マジレスは勘弁して下さいとあるのにも関わらず、マジレスして頂きありがとうございました。先生のおかげで少しほっとしました。
  • 仮性体臭
  • 2011/02/06 10:04 PM
吉本隆明のくだり面白かったです。たしかに田川先生は素人が首をつっこむなという剣幕でした。 実を言うと、僕が田川先生にたどり着いたのは遠藤周作です。遠藤周作に感動してキリスト教を知ったのに、これも滅茶苦茶に批判されています。僕も君と同じような体験をしているわけです。 しかし、田川先生は遠藤周作によってテレビに出させてもらったりとか恩義があるようで、その旨は著作に書いてますよね。だから人間的には感謝はしているんでしょうね。学問(イエス学)一筋で、人としては不器用な人なんだと思います。
  • スミルノフ
  • 2011/02/06 10:30 PM
コメントは終了しました。

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR