2007/09/27

オペ室を覗く人

顔シリーズを続けます。ある日、手術室でこんなオブジェを見つけた。

オペ室を覗く人1

これは、このところのテーマである「顔にみえる」どころか、もう顔そのものであるのは間違いありません。いったい誰が何のために作ったのだろう。そういう意味ではピラミッドやモアイに匹敵する発見かもしれません。

オペ室を覗く人2

鼻をホジホジ、なんてやってるうちに、ひとつ謎がとけました。この鼻は三方活栓のケースでできているようです。

オペ室を覗く人3

やがてその全貌が明らかになりました。うちの手術室のドアの窓は、最初は透明ガラスだったのです。ところが、後から入室してくる患者さんにも中が丸見えになってしまうということで、わずかな覗きスペースを残してスリガラスにしてしまったんですね。だから、スタッフはこうやって外から中の様子を窺うようになりました。そう、これはまさに、手術室の中を覗くスタッフを表現したオブジェだったのです。それにしてもいったい誰が。


関連記事

2020/05/20

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク


教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR