2007/06/25

警察の本音

警察はなかなか暴走族を取り締まらないといううわさがある。下手に手を出すと逆切れするかもしれないし、危害を受ける可能性もあれば、追跡中に事故られて死なれるというのもまた面倒な話だからである。運良く捕獲できたとしても、まともに罰金を払うような奴らであるはずもなく、どうせまた改造して暴走を繰り返す。

考えてみれば警察に暴走族を取り締まるメリットなんかない。それよりも、急に制限速度が低くなる場所、急に道路幅が広くなるけど制限速度に変化のない場所、一時停止線よりかなり前に出ないと見通しが悪い場所、などで取り締まり活動を行い、私たちのような善良な市民、社会的なステータスのある人間を捕まえたほうが、素直に応じるし金払いもよい。業績も上がるし収入も増えるのである。

本当にそうなんだろうか。これが警察の本音なんだろうか。警察に聞いてみたい。もし本当にそうなら、捕まえたときに下手な説教などしてほしくない。アメリカの警官のように「毎度あり!」ぐらい言ってほしいものだ。喜んで払ってやる。

そこで、警察にメールを出してみた。うちの周り(通称50m道路)に毎晩暴走族が来るけど、俺を急に80km制限になる高速道路で107kmで捕まえるほど用意周到な警察が、なぜ取り締まらないんだ、と。建前は充分分かっているつもりだから、本音を聞かせてくれ。本音を。ぜひとも本音で答えてくれと、念を押した。

返事が来た。

暴走族等による騒音等運転は、危険性が高く、また市民生活にも大変迷惑を与える行為であり、警察としても、行為者の走行違反や整備不良車両に対して徹底して取締りを実施しております。金沢市駅西地区の50m道路周辺における暴走行為については、早速事実を確認するとともに取締りを行います。暴走運転については、今後とも厳しく取締りを行うこととしていますので、情報提供などご協力を今後もお願いします。

あれだけ念を押した結果の返事なので、本音なんだろう。警察の本音が聞けて安心した。今晩から静かになるだろう。警察ってすごい。やはり尊敬に値する職業だなあ。

しかし、翌日もバイク3台ノーヘルできやがった。


関連記事

2020/05/20

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク


教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR