2020/01/11

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|by スポンサードリンク

2006/09/23

教授の神戸花鳥園訪問記

みなさん、こんにちは。神戸市ポートアイランドには大きな催事場があるので、様々な学会や催物で我々同業者には馴染みの深い場所でもあります。さて、そのポートアイランドには、先生オススメの癒し場所があるのでお教えしますよ。

■神戸花鳥園へようこそ

催事のおり、ぜひともお立ち寄りください。きっと予想以上に癒されますよ。

kobe01
雨や猛暑だと困るなーと思ってたんですが、なんと屋内施設でした。広大です。まず入ったところは熱帯植物などが並び、見たことのない海外のハスの花ががたくさん咲いていました。まあよくある植物園かなと。そして申し訳程度にオオハシが数羽いるんだろうなと。最初はそうバカにしてたんですが、その認識は覆されることになります。
kobe02
植物を一通り見たあとは昼食です。ふくろう弁当というのを買います。お茶付です。ふくろうって意外においしいんですよ。
kobe03
そうじゃなくて、中身は普通の弁当です。
kobe04
テラスでひとりで食べました。隣のテーブルでは中高年の女性たちが自分たちの息子の嫁を評価し合ってます。弁当はまあまあ上品な味です。
kobe05
昼食を終え、ペンギンがいるという庭に出てみました。居ました。最初は模型かと思いました。模型もありかなと、最初はそれだけこの施設をバカにしていたということです。もちろん本物のマゼランペンギンでした。
kobe06
人なれしてるのでカメラに寄ってきます。言っときますが、今日の写真は全部コンパクトデジカメですよ。先生のいつもの超高級望遠レンズではありません。きっと携帯でも十分きれいに撮ることができるでしょう。
kobe07
一般の方はやはりペンギンに興味がいくようですが、先生はこんなとろこでアカツクシガモに出会えるなんて夢にも思ってませんでしたから、感動しました。左側の小さい1羽はエクリプスなので分からないと思いますが、実はオシドリです。もしもオスなら、繁殖期には皆さんおなじみの美しい色合いになるはずです。
kobe08
この庭での一番人気は箱に入ったカルガモのヒナでした。いやーん、かわいいーって女の子が寄ってきます。しかし、ただのカルガモのヒナですよ。先生ちの隣の田んぼにもいます。先生はアカツクシガモの方がよっぽど珍しくて貴重だと思いますよ。
kobe09
さて、次はフクロウ類がいるという館へ行きました。ここは飼育舎というか、屋内で飼われているんですね。
kobe10
こいつが訓練中のエドワードです。オナガフクロウです。フクロウショーとかもやってるらしいので、そのうちデビューするんでしょう。
kobe11
しっかし、世界中のフクロウ類が集結しています。ここまで凝り性だとは知らなかった。こいつはケープワシミミズクだそうです。
kobe12
げげー、シロフクロウじゃねえの? こないだNHKでツンドラ地方の特集番組で見たよ。レミングの繁殖数が何とかとかで、その年は繁殖しなかったって。いいのか? そんな貴重種が普通にいて。
kobe13
ミナミアフリカオオコノハズク。もうわけわかんね。まだまだいたけど、以下省略って感じ。
kobe14
あ、チョウゲンボウだ。なんだかつながれちまって元気がないなあ。先生の近所の野生のチョウゲンボウの方が元気だ。
kobe15
フクロウショーの会場に出ると、そこでは何組かのフクロウさんたちが休憩していました。ここはちょっと開放的(もちろんつながれてるんだけど)。
kobe16
おお! 放し飼いにされている奴もいた。スピックスだな。初心者にはオススメ。1羽20万円ぐらいかな。
kobe17
そしていよいよオオハシくんのいるところへ。どうせ数羽しかいないんだろ、という当初の誤解はフクロウ類に圧倒された今ではすっかり消え去った。案の定、大量のオオハシくんたちが放し飼いにされている。
kobe18
客がエサを買って与えるシステムなので、エサもらえると思って寄ってくる。こんなどアップ写真も可能だよ。ちなみに先生はそんな商売にひっかかるのはシャクだから、エサなんか買わなかったけどね。
kobe19
もう十分堪能した。すごかった花鳥園。最後に中庭寄って帰るか。と、目の前に現われたのはマナヅルであった。マナヅル? しっかし人の裏かいてくるねー、神戸花鳥園。うれしいけど。
kobe20
これでもかっと、しつこいぐらいに先生に衝撃を与え続ける神戸花鳥園。これは先生のあこがれの鳥である田んぼのバレリーナといわれるセイタカシギです。いつもは田んぼの遠くから観察するしかない鳥ですが、こんなに簡単にこんなに接近できちゃっていいんでしょうか!?
kobe21
癒されるどころか、かえって興奮しちまったなあ。それにしてもすごいぞ、神戸花鳥園。すっかりあなどっていた先生の敗北だ。これは1回のレポートでは網羅できません。ぜひ皆さんもレポートしてください。

関連記事

2020/01/11

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク


教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR