2006/04/28

Do It Again

mixiのスティーリーダンコミュで前スレを取り上げてくれたアヤゾウさん、どうもありがとうございます。先生も昔はこのコミュに入ってたんだけど、その頃は「はじめまして。ガウチョから入りました。一番好きなのはガウチョです。」てな感じの若い人ばかりで、おいおい結局ガウチョしか知らんってことだろ、ガウチョっていったら先生に言わせればラストアルバムも同然、ビートルズでいったらアビーロードだぞ、と息巻いてしまいました。ガウチョはまだいいとしても、「ナイトフライから入りました。」は許せん。ナイトフライはスティーリーダンじゃないだろ。だいたいなんでコミュの画像がナイトフライのジャケットなんだよ。け、つまんねぇコミュ、ってな感じで脱退したんですけど、久しぶりに見たらずいぶんコアなファンが増えたようで、びっくりしました。

で、そのスレで話題になっていたYouTube動画です。

Steely Dan plays "Do it Again" at R&R Hall of Fame induction - YouTube

Do It Again R&R Hall of Fame

2001年の3月17日、スティーリーダンのロック殿堂入りを記念したライブで、クィーンのブライアン・メイがギターソロという異色の組み合わせが話題になったDo It Againです。このときはたしかBlack Fridayも演奏したと思います。あ、自慢じゃないけど先生はね、Rock and Roll Hall of Fameのある街に住んでいたからね。はっはっは。

YouTubeも先生が知った頃はスティーリーダンの動画なんて検索してもほとんどなかったんだけど、もう最近はいろいろなファイルがすごい勢いで増えているよね。だけど、スティーリーダンに関しては活動を再開した90年代半ば以降の映像が多いようだ。そんな中、貴重なのは次のDo It Againのライブ映像。

Steely Dan - Do It Again (Midnight Special 1973) (HQ) - YouTube

Do It Again Old Live

Do It Againは初期スティーリーダンの出世作だけど、当時はデビッド・パーマーというリード・ボーカルがいて、ドナルド・フェイゲンは歌うのは好きじゃなかったんだ。でもこの曲は絶対フェイゲンの方が声が合ってるからと薦められて仕方なくレコーディングしたのだが、皮肉なことにそれがスマッシュヒットとなった。しかし興味深いことに、結局このライブ映像ではデビッド・パーマーがボーカルをとっている。当時のフェイゲン先生は、よほど人前で歌うのが嫌だったのだろうか、どうなんだろうか。

さて、2回に渡って、スティーリーダンの話を書いてしまいましたが、先生は皆さんが思ってるほどコアなファンじゃないです。偉そうなこと知ったかぶりしていっぱい書いてすいませんでした。謝ります。本当はスティーリーダンなんかちょこっとかじっただけです。どれだけかじっただけかというと、1996年の全米ツアーを聴きにいった程度です。たしかDo It Againで始まったと思います。長い長いイントロの途中で、ローズの前にやっとフェイゲン先生が現われたとき、これが本物だ、本物が目の前にいる、ただそれだけで涙が出ました。そんな平凡なただのいちファンに過ぎません。

1996ツアーTシャツ
1996年全米ツアーのTシャツです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018/01/16

スポンサーサイト

|-|by スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
スミルノフ先生、ご無沙汰しております。もちろん、私も先生の紹介されていた彩もベイクドポテトも夜の彷徨も愛聴盤でラリーアンドルカサーのライブにもいきましたが、PEGとroom335がそんな関係だったとは恥ずかしながら初めて知りました。たしかに、「ちゃっっちゃっっちゃあーー」ですね。では、今後ともよろしくお願いいたします。
  • くるりん
  • 2006/04/29 11:13 PM
ナイトフライしか知りませんが、ググッてみたら、なにやらすごい方がアルバムに参加してるんですね。その生を見れるとはすごい経験ですね。日本に来たストーンズを見るのとは訳が違うような気もしますが、持ち上げすぎは体に悪いのでこの辺で
  • 眠らない麻酔科
  • 2006/04/30 7:29 PM
はっはっは。それほどでもないよ眠いくん、はっはっは。
  • スミルノフ
  • 2006/04/30 11:39 PM
どうも初めまして。まさか敬愛する先生のblogで自分の名前を見ることになるなんて、思いもよりませんでした。こ、これは夢ではないかしら…。 私も全くもってコアなファンではないので、先生のblogを見ては日々勉強です。未だに聴いてないアルバムもありますし、残念ながらライブも行った事ございません…。「two against nature」の時、一人ででも行っておくべきだった。当時まだ20歳だったのでびびってしまったのです。勿体無い。 ちなみにすごくどうでもいい話ですが、私のSTEELY DAN好きは父の影響です。(私の本名は彩です) STEELY DANとURIA HEEPとPINK FLOYDで純粋培養したはずの娘がLUNA SEAとかBON JOVIとか聴いてるのは非常に遺憾な模様。
  • アヤゾウ
  • 2006/04/30 11:42 PM
ご無沙汰しております。 私はPretzel Logicから入りその後ボックス購入してしまいました。ライブは94か5年ごろ日本に来たと思うんですがそのときの福岡公演を見ました。実物が見れてうれしかったです。
  • まさゆき
  • 2006/05/06 2:50 AM
本名が彩!しかもエイジャ由来とは!かっこええー! 先生が入り込んだのは長州リキの電話番号ですから、まさゆきさんと同期生ですね! コアなファンの来訪、とても嬉しく思います。たいしたもんだ。
  • スミルノフ
  • 2006/05/06 9:22 PM
コメントは終了しました。

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR