2017/10/09

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|by スポンサードリンク

2012/01/31

ジョニサコの記憶

これは、ミスターロボットの記憶の続編である。

前回までのあらすじ:ペンタラスが初めて覚えた日本語は、子どもの頃に聞いたスティクスのミスター・ロボットの冒頭に出てくる「ドモアリガト」であった。僕はスティーブにも初めて覚えた日本語が何かを聞いてみた。くだらない質問だと真面目な彼にバカにされるおそれもあったのだが、意外な反応がかえってきた。

スティーブは僕とペンタラスを順番にわざとらしく見つめ返して、十分にもったいつけてから答えた。

ジョニサコ

僕とペンタラスはしばらくのあいだ目と口をだらしなく開けたままだったと思う。
「ジョニサコだって? いったいそりゃ何だ? ほんとにそれ日本語なの?」とやっと僕が聞き返すと、スティーブは
「あれ? たぶん日本語だと思うんだけど、お前知らないのか? 日本の少年の名前だ。その少年はロボットを持っているんだ」と言った。
「ロボット?」と僕とペンタラスが同時に聞き返した。

「そうだ。空を飛ぶ巨大ロボットだ。ジョニサコは腕時計みたいなコントローラーを持っていて、それに話しかけることによってロボットを操縦するんだ。ちょうど、こんなかんじだな」
スティーブは左肘を曲げて腕を上げ、腕時計を口を近づけてしゃべり始めた。
「ロボ! やれ! やるんだ!」

robo02

以下、何かがのりうつったようなスティーブが熱弁をふるい続けることになる。僕とペンタラスはただそれを聞いているしかなかった。

「敵はギロチン帝王っていうんだ。こいつが悪いヤツでね、地球征服をたくらんでいる」

robo01

「最終回では巨大なギロチン帝王が我々ユニコーンの目の前に姿を現すんだ。そこでジョニサコはロボットに命令する。ロボ! やれ! やるんだ!」

robo02

「カシャーン……。ところがどういうわけかロボットはガス欠みたいになっちまってさっぱり動かなくなってしまうんだ」

robo03

「ロボ! どうしたんだ?」

robo05

「シーン……。やっぱりロボは無反応だった」

robo04

「ところがこれはやはりギロチン帝王の策略だったんだな。ウヒヒヒヒ、うまく引っかかったな。今までの戦いでロボの原子力エネルギーはもう一滴も無いのだ!」

robo06

「わしは原子力エネルギーの塊だ。わしを撃ったら地球は木っ端微塵になってしまうぞ! ロボはもう何も出来ない。地球人よ! このギロチン帝王は今よりこの地球の支配者になるのだ!」

robo07

「ハハーッ」

robo08

「おい、これはもらっておくぞ。敵の手下がジョニサコのコントローラーを奪おうとした」

robo09

「と、そのときだった。ウィーン、グギーグギーギーッ! ロボは突然光りだし、再び動き出したのだった」

robo10

「ジョニサコは重要なことを思い出した。あ、そうだ。ロボには万一のときに備えて、新しく補助エネルギーが装置されていたんだ。それで今動き出したんだ」

robo11

「ジョニサコはコントローラーに向かって叫ぶ。行け!ロボ!」

robo12

「ロボはギロチン帝王と戦いだす。だがしかし、ジョニサコはさっき聞いたばかりの大事なことを忘れていた。おい、わしは原子力エネルギーの塊だと言っただろ。このわしとロボを戦わせてみろ。ロボもろとも地球は吹っ飛ぶぞ!」

robo13

「はっ、そうだった。慌てるジョニサコ。ロボ、や、やめろ、やめるんだ! 地球が危ないんだ! Robo! Now stop! Don’t do it !」

robo14

「そのときだった。ロボはギロチン帝王を身体全体でガシッとつかまえた。な、なにをするんだ、と慌てるギロチン帝王」

robo15

「そうして、そのまま空に向かって飛び立つロボ」

robo16

「ロボ! どこに行くんだ!」

robo17

「Robo! Where are you doing ?」

robo18

「ロボ! 帰ってこい! ロボ!」

robo19

「Robo! Come back! Robo!」

robo20

「ロボのばか! 何をするんだ!死ぬぞ!」

robo21

「そのとき、赤く燃ゆる巨大な隕石が向こうから飛んできた」

robo22

「Don’t do it!」

robo23

「接近する隕石」

robo24

「ロボ! 僕の命令をどうして聞けないんだ! Robo! Please! Don’t do it ! Don’t die ! Robo! Please come back!」

robo25

「そして……」

robo26

「ジャイアントロボー!」

robo27

「ロボは、ロボは自分を犠牲にして地球を救ったのよ! ちなみに英語版だとここは、Robo, good-bye. I'm sorry you had to do it...とかいう簡潔な英訳になっています」

robo28

「ジャイアントロボー!」

robo29

「ジャイアントロボの崇高な自己犠牲の精神に思わず敬礼をするユニコーン」

robo30

「さよならジャイアントロボ、さようなら! でもまたいつの日か、ロボは帰ってくるだろう!」

robo31

「この最終回で、俺の両頬はもう涙でぐちゃぐちゃだったよ」とスティーブは感慨深けに締めくくった。

そして、ふと左腕のコントローラーに再び目をやった。

robo32

「あれ、もうこんな時間じゃん! おい、めしめし。めし食いに行くぞ」とスティーブはペンタラスの肩をたたいた。

二人は部屋を出ていった。 部屋の中は僕ひとりだけになった。二人は僕が日本食の弁当持参なのを知っているので、僕を昼飯に誘わないのだ。
僕はこうしていつもひとりだけになった部屋でひっそりと弁当を食べる。
弁当のふたを開けると、あいつらが嫌がるごはんの臭いが部屋に充満した。

ジャイアントロボがJohnny Sokko And His Flying Robotというタイトルで米国でも放映されていたことを知ったのは、僕が帰国してからもう何年も経ったあとだった。主人公の少年・草間大作の名前が、Johnny Sokko(靴下ジョニー)という英語に置き換えられていたものの、幼少のスティーブはそれを日本語だと勘違いしてしまい、そのまま大人になってしまった、というのが真相らしかった。

今ひとつオチが弱かった気がするので、オマケをつけておく。

robo33

「ロボ、爪伸びてるぞ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/08/19

ちょっと変だぞ 日本の自然「気がつけば様変わり 大激変SP」

非常に良かったです。何が良かったかって出演者に感動しました。司会は三宅裕司と住吉美紀でゲストは半田健人と石川梨華、いえ、この人たちは特にどうってことはありません。私は半田健人の博識に一目を置いてはいますが、この番組では彼の良さは全く発揮されていませんでした。NHKはこういうドキュメント番組に無理して芸能人を使うことはやめた方がいいと思います。何のために各地に優秀なアナウンサーやレポーターを配しているのでしょうか。

一番良かった出演者はなんといっても高橋篤史くんです。釧路から渾身のウチダザリガニレポートでした。大量のウチダザリガニに驚いて声が裏返っちゃう高橋くんを見たのは久しぶりです。ハチに襲われて以来じゃないでしょうか。それと春採湖とその上に座したかつての職場が懐かしく、ついつい見入ってしまいました。せっかく日本で一番汚い湖の称号を返上したのに、それがほんの何年かでウチダザリガニの仕業で壊滅状態とは…。五箇公一先生は、ウチダザリガニはまだ北海道だけだから大丈夫、食い止められると言ってたけど、北海道は見殺しかよ。

つぎに、橋本奈穂子さんも頑張りました。カワウの大量発生で破壊された小島のレポートです。足元が悪い中よく行った。カワウのフンだらけの葉っぱをよくぞ触った。まあ、要するに、高橋くんにしろ橋本さんにしろ、私が石川県にいたときにちょうど金沢放送局勤務だったから懐かしいなあって、ただそれだけの話なんですけどね。

あと、もはやNHKでしか見ることができないテツandトモも良かったですよ。そもそもなんでだろーって番組だったから、なんでだろーが違和感なさすぎで古さを全く感じさせなかった。ずっとスーツでやればいいのに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/03/17

ピッツバーグの「東京」と野茂英雄

先日NHKで放送されたジェロの密着ドキュメントは、前回放送されたのものと少し編集の仕方が異なるような気がしたが、ジェロ、母親、そして祖母という親子三代にまつわる感動的なストーリーに仕上がっていて、特にジェロの母親が何十年ぶりかで来日を果たし、幼馴染に自殺未遂の真相を泣きじゃくりながら告白するシーンでは、見るのが二度目であるにもかかわらず、またもや目に涙を浮かべてしまった。

話はけっこうマイナー路線に変わるけど、故郷ピッツバーグでジェロ親子が買い物をしていた日本食材の店「東京」は、95年ごろだったかな、僕も在米中に行ったことがあるので、ああまだあるのだなあと懐かしく見た。僕はクリーブランドに住んでいたのだけれど、クリーブランドにはそういう店は日本人の老夫婦が営む一軒しかなかったし、その店は真昼間からドンパチが始まってもおかしくないくらいの危険地域にあったものだから、どうやらピッツバーグに「東京」っていうセブンイレブンみたいな店(あくまでも日本のセブンイレブンという意味)があると聞いて、いてもたってもいられなくなって高速道路をぶっ飛ばして何時間かかけて行った。何を買ったかは覚えていないが、興奮しながらいろいろと買い込んだことは覚えている。ジェロの母校であるピッツバーグ大学の周りも走ったが、ゴシック建築の建物など、いかにも名門らしいたたずまいが印象に残っている。

ピッツバーグにはもう一度訪れたことがある。それはパイレーツ戦でドジャースの野茂が先発する日であった。クリーブランドの球団はアメリカンリーグだったので、ナショナルリーグの野茂を見るための近隣の都市といったら、シンシナティかピッツバーグに限られた。大リーグはローテーションがはっきりしているので先発予定日を予想するのは簡単なことだった。当時の野茂は文字通り日本人のヒーロー(英雄)だったから、球場に行ってみると僕と同じような野茂目当ての日本人が大量にいてびっくりした。

野茂1

そのときの野茂。背番号はおなじみの16。

野茂2

日本にいたときの野茂はパリーグだったから、野茂のバッター姿は物珍しかった。それにしてもなんというバットの支え方。カメラマンも大多数が日本人だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/03/17

ウルトラマンA

ウルトラマンAの南夕子役である星光子さんとその娘さんのブログが話題になっていたようだ。南夕子の突然の降板は、男(北斗)と女(南)が合体するという設定が性的で子どもにふさわしくないというのが理由だと記憶していたのだが、それは都市伝説だったのだろうか。でも現に子どもだった僕らは「北斗と南〜チュッチュッ」と歌って「やらしい〜」とか騒いでいた記憶がある。大人になった今思えば、2人が協力して変身するという設定は、ウルトラシリーズの新しい方向性として画期的だったのになあと思う。

子どもの僕は、たしかに最初は、南夕子は美人じゃないという理由で嫌いだった。でも母親がかわいいじゃないと言ったので、そう言われるとだんだんかわいく思えてきた。子どもの価値観なんてそんなものだ。そして回を重ねるごとに、だんだんと南夕子が好きになっていった。視聴率の低迷も一因であったそうだが、もう少し辛抱強く続けていれば、また評価も変わったのかもしれない。惜しいけれども、それは今だから惜しいと思えることだ。結局、突然南は月に帰ることになった。

星光子さん自身にとっても突然の降板命令で、深く傷ついた出来事として封印していたということを、今初めて知った。当時子どもであったとはいえ、美人じゃないなどとけなしたり、下品なギャグではしゃいだりしたことをすごく後悔するはめになった。今の僕は星さんに対する申し訳ない気持ちでいっぱいである。でも、最後の出演となった月に帰るシーン、あのときの南夕子はまるでかぐや姫のように輝いていてとても美しく、同時にとても悲しく、また僕自身もとても寂しくて残念に思ったことは、今でもはっきりと覚えている。(正確には最後ではなく、第38話と最終話に再登場しているそうであるが、僕はほとんど覚えていない。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008/11/05

高橋篤史くん

■アナウンスルーム NHKアナウンサー 高橋篤史

高橋くん

石川県金沢市から北海道に引っ越してきてしばらく経ったある日のことでした。NHKの道内ニュースの時間にカミさんが「高橋くんの声がする」というのです。画面に顔は写らないしテロップもありません。ただ釧路の様子をたんたんと伝えるだけの平凡な若い男の声です。「まさかあ。あの高橋くんが北海道にいるわけねえだろ」と私は答えました。「高橋くん」というのは私たちが金沢市に住んでいたときにNHKに入ってきた若いアナウンサーで、ほとんど石川県の地味なローカルニュースにしか登場しない子でした。失礼かもしれませんがけっして全国向きのルックスではありません。はっきりいってテレビ向きでさえないかも。しかし、そんな地味さがかえって心にひっかかり、いつしか私たちは彼のことを「高橋くん」と呼ぶようになったというわけです。

いや、待てよ、10月といえば人事異動の時期。異動するのは私たちだけとは限らないわけで、考えてみればNHKのアナウンサーである高橋くんが異動しているって可能性も否定できないわけです。そこでさっそくアナウンスルームで高橋くんの動向を確認したのです。果たしてそこで見たのは「前任地:金沢放送局」と「所属局:釧路放送局」という文字でした。なんと、私たちの高橋くんは、私たちと一緒に金沢を発ち、そして私たちと一緒に北海道に入っていたのです! ただし、私たちの頭を飛び越し過ぎちゃって釧路にまで行ってしまいましたが……。

わたしの宝物:『お笑い男の星座』という文庫本

これって浅草キッドの本ですよね。数ある物の中から、数ある書籍の中から、その本を選ぶなんて……。

アナウンサーになって印象に残っている仕事・瞬間:中継中にハチに襲われたこと。ハチミツ取りの中継の最後で眼鏡と目の間にハチが入り「うわっ!!」と思わず叫んでしまいました。その日から局の人たちは私のことを「ハッチ」と呼んでくれます。

朝の石川県のローカルニュースで、カミさんはこれをリアルで見ていたそうです。ちゃんとハチよけの網を頭からかぶって中継していたのですが、養蜂家が巣箱を開けたとたんにミツバチの大群が舞い上がり、その中の一匹が網の中に入ってしまったそうです。高橋くんの狼狽と奇声とともに、途中でカメラはスタジオに切り替わったそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008/07/06

星一徹がちゃぶ台を返したのは一度だけ

先日先生とローリーはどちらともなく、「巨人の星で星一徹というとちゃぶ台返しのイメージが強いけど、実際にちゃぶ台をひっくり返したのは一度だけなんだよー」とかいう会話を交わした。

あんまり根性入れて検証したわけではないんですが、それは原作でもテレビアニメでも一致しており、おそらく大リーグボール養成ギプスを不良番長赤川にはめたことが一徹にばれるシーンです。

それと、ちゃぶ台というと丸くて手狭なテーブルというイメージですが(ちゃぶ台 - Google イメージ検索)、実際の星家ではもっと広くて立派な四角いテーブルです。

一度きりのちゃぶ台返し

原作では飛雄馬を殴ったはずみでテーブルがひっくり返ったような描写です。特に原作では飛雄馬が大の字になって寝転んでも余裕があるほどの大きなテーブルです。

テレビ版のちゃぶ台返し

このシーンはアニメ版巨人の星の第2話「悪魔のギブス」から。アニメでは一徹は明らかにまずテーブルを故意にひっくり返してから飛雄馬を殴っています。これがオープニング映像にも使われたことから、何度もひっくり返すというイメージが生まれたらしいです。

ま、実は先生、そんなことはどうでもよくて、このシーンに関してはワナゴナで行われたアフレコ大会が印象的で、ピエール瀧や鉄平による「一徹・明子・飛雄馬はベム・ベラ・ベロである」説や、何といっても茂木淳一の「飛雄馬と赤川はお笑いコンビ・ベンチウォーマーだった」説がとても素晴らしいのですが、残寝ながら動画は残っていないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008/05/28

NHKとYouTube …

かねてからNHKアーカイブスのインターネット配信を計画していたNHKが、その配信手段として世界的な人気を誇る動画共有サイトYouTubeを買収すると発表した。また同時にインターネット配信における新たな受信料徴収を実施する方針も明らかにした。

新たな受信料徴収の対象者はテレビの場合と同様に「コンピューターを有している者すべて」としており物議をかもしそうだ。NHK受信料不払い連盟の石井代表は「ネットユーザーすべてがNHKアーカイブスを利用するわけはなく、ましてやネットに接続さえしていない人からも徴収するのは明らかに間違っている」とのコメントを発表した。これに対しNHKの橋本会長は「現在は無線LAN機能を内蔵している機種も増えており、ネットに接続しているか否かの判別は難しい」と反論した。NHKでは受信料徴収担当職員を大幅に増員しパソコンの所有者からのべつまくなく徴収する方針だ。

NHKはYouTubeを介したNHKアーカイブス配信の記念すべき第一回として、DJ OZMAのアゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士を配信したところ、瞬く間にヒット数第一位を記録した。橋本会長は「日本が誇るNHKの映像コンテンツが世界的にも充分通用することが証明された」とし、日本のみならず世界からの受信料収入に期待を寄せている。

↑これは2007年の1月初めに書いたウソニュース。ウソニュースの世界にはその道のプロがたくさんおり、それに比べりゃつまんねーなと、そのときは先生は公表を差し控えてボツにしました。先生は大のNHK好きですから、当時YouTubeにアップされたNHK番組の動画がどんどん消されていくのを非常に残念に思っていたのです。もう、いっそのことNHKにYouTubeを買収してもらいたい、そんな当時の思いがこもっています。

なんで今頃こんなボツ原稿を思い出したかというと、次の記事を見たからです。

■Going My Way: すべてのビデオが高画質、NHK が YouTube にチャンネルを開設

NHKonline さんのチャンネル、とても楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007/08/19

ニコニコ動画の大泉と安田

■包茎手術(安田顕)‐ニコニコ動画(9)

これは私が北海道にいたときにリアルで見ていたもので、その当時の衝撃は今でも忘れられない。下ネタ、下品といってしまえばそれまでだが、安田の包茎手術に視聴者の募金があっという間に集まるという道民気質、手術の一部始終を放映してしまう鈴井社長とHTBのあっけらかんとした放送限界への挑戦、再び目にすることができるとは思ってもいなかった。私は私のうちにある道産子としての資質を見透かされているようで、それを誇っていいのか、恥じるべきなのか、実はその恥じるべきものが誇れるものなのか、思案に明け暮れている。実際にはたった今、S浦と馬鹿笑いしながら見終わったところである。ちなみに石川県人のS浦の評価はすこぶる高かった。

■水曜どうでしょう 062 十勝二十番勝負 最終話‐ニコニコ動画(9)

これはリターンズの映像だが、北海道在住中に私がリアルタイムで見ているとき、それまでよくあるローカル深夜番組に過ぎないと思っていた「どうでしょう」が、ひょっとしたらすごい番組かもしれないと初めて思い知らされたのが、この十勝二十番勝負での大泉がONちゃんを殴りまくるシーンだった。今でこそ、各地のテレビ局がかわいいマスコットを有していて、それぞれに人気があるのは当たり前のことであるが、昔はそんなものは珍しかったか、あったとしても「ゆるキャラ」の範疇にさえ入れられない代物ばかりだった。HTBにも昔、ヒグマのぬいぐるみのマスコットがいたのだが(後にその残骸は大泉によって発掘され、森崎がかぶることになるが)、話題にものぼらなかったと記憶している。そこへいくと当時のONちゃんは、そのかわいさがウケて人気急上昇中であり、全国的にも注目を集め始めているところであった。そのような、社運を背負っていたといってもよい大事なキャラクターが、中身が安田とはいえ、何の遠慮もなく殴られたり蹴られたりしているのである。このような番組を許すHTBは、なんとふところの深いテレビ局だと感心し、私にとって「どうでしょう」は、たまたま見る番組から、毎週必ず見る番組へと昇格したのだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007/06/15

不適切な表現がございました

■Google Video:不適切な表現がございました

高橋美鈴女史

普通のブログ宣言をした舌の根も乾かぬ間ではありますが、突然世界的教授のネタブログに戻ります。しばらくネタ拾いをさぼっていたので、いささか古い動画で恐縮ですが、特にニュース番組における有名な放送事故映像をだらだらと継ぎ合わせた動画です。

何度もいってるように先生はNHKファンですから、やはり前半の、愛すべきNHKアナたちの失態が微笑ましくてなりません。NHKアナとしての誇りをもち、毅然とニュースを読み上げるプロの中のプロであるからこそ、このような失態に、ああ彼らも人間だったのだと先生は安心することができるのです。北海道が生んだ今世紀最大の才女、高橋美鈴女史も、やはりひとりの女性であることには違いないのです。

追記:ところでこの映像で、絶対に自分の咳払いを聞かせないようにカフをオンオフする高橋さんにプロ根性を見たのですが、カフボックスのカフは、まさにCoughであり、名前からすれば、そもそも咳をするときにマイクをオフする道具だったんだなあ。

NHKアナは、いつも毅然としていなければいけません。ジョークなんか飛ばしてはいけないのです。しかし、最近のNHKは、民放のバラエティ風味を無理に取り入れたりすることも多々あり、先生は残念でなりません。

特に残念なのは、「おはよう日本」の午前6時半、松尾剛アナ首藤奈知子アナが登場直後に披露するお二人の小話です。世間一般的には、軽キャラの松尾アナと、「なっち」こと首藤アナのボケキャラは、おおむね評判がよろしいようですが、先生はちょっと許すことができません。首藤アナはお若いのにせっかくその実力が評価されているのですから、終始しかめっ面で淡々とニュースを読み続けてほしいものです。その上で、「えーっ」とかって大笑いするのは年に一度くらいの貴重な頻度にしていただければ、先生も大いに萌えることができるのですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007/03/13

風邪

風邪をひきました。
体だるいです、のど痛いです。
僕は心の風邪も、体の風邪もひいちゃいました。
涙が心の汗ならば、鼻水は心の何ですかね。

最近、NHKの大河ドラマ、風林火山を見ています。
「疾(はや)きこと風のごとし」
といいますが、疾は疾患の疾ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| 1/5PAGES | >>

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR