2017/12/28

墓銘録2017

昨年は思い入れのある音楽家が亡くなるたびに、急遽即席で絵を描きツイッターにアップ、ということをやっておりました。年末にそれらを墓銘録2016としてまとめましたが、一応今年もやることにしました。しかし、もう飽きちゃってイヤイヤ描くはめになり、ツイッターには最初の2枚しかアップしておりませんので、その他は全て初公開です。描いた時期もバラバラなので、出来栄えにもかなりムラがあります。

ルールは昨年度と同様、ミュージシャン本人の似顔絵ではなく、あくまでも「そのミュージシャンに仮装しているスミルノフ教授の似顔絵」であることを申し添えておきます。

2017.01.31 ジョン・ウェットン

ジョン・ウェットン

昨年はキース・エマーソン、グレッグ・レイクというプログレッシブ・ロックの大物が相次いで亡くなりましたが、今年もプログレ界の巨匠の訃報で幕が上がり、驚きを禁じえませんでした。

絵の方はUKのファーストアルバム、邦題「憂国の四士(1978年)」です。ジョン・ウェットンだけヒゲを生やして黒縁のメガネをかけさせてみました。いきなり地味ですいません。

以前、「女子カーリングのプログレッシブ・ロックな世界 」という記事で、イエスを中心としたメンバー変遷を図示しましたが、このようなプログレ界における激しいメンバー交代の中心にいたのは、彼であったとも言えるのではないでしょうか。キング・クリムゾン、UK、エイジアの他にも、ロキシー・ミュージックやユーライア・ヒープとの関わり、そしてリック・ウェイクマンとのスーパーバンド構想など幻に終わったものも数多く、まさにロック界のキーパーソンでした。特にエイジアの成功によるプログレッシブ・ロックの大衆化は、彼の大きな功績です(もちろん罪であるかもしれません)。

個人的には、UK来日公演の際の「飛行機の中で作ってきた曲だよ」(記憶違いだったら申し訳ないがナイト・アフター・ナイト?)という発言と、エイジアが売れなくなったときの「あれだけの作品で売れなきゃ今後何を作ればいいんだ」という失意の発言がとても印象に残っています。

続きを読む >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/10/07

ほぼ日手帳2018 ジッパーズからオリジナルに戻れるか?

ほぼ日手帳を使い続けて今回で9年目に突入する。

私がここ3年間使用しているカバーは、オリジナル(バタフライストッパー)ではなく、ジッパーズだ。具体的に言うと、ほぼ日手帳2015のfog linen workのシャンブレーシアンである。

fog linen work シャンブレーシアン
シャンブレーシアン

ところが、3年も使い続けていると、私のシャンブレーシアンは手垢にまみれ、ところどころホツレも目立つようになってきた。

私のシャンブレーシアン

そこで今年は奮発して、カバーの新調を決断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/08/30

スティックのり ♀

スティックのり♀

「スティックのりって何?」とカミさんは訊いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/08/18

イ為ンスタ

インスタグラムヘッド かにいなり寿司 インスタフット
suemesmirnoff 昼飯。#新千歳空港では#生ハムdeお寿司を食おうと思っていたのだが、どこで売っているのか下調べしてこなかったので、仕方なく#かにいなり寿司を食う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/07/13

2016年に読んだ本私的第1位

第1位 稲見一良 ダック・コール (ハヤカワ文庫JA)

7ヶ月もかかってしまいましたが、やっと第1位にこぎ着けることができ、ひと安心です(つーか、第1位はどうなってるんだって、誰も言ってくれねーでやんの、寂しー)。

2016年に読んだ本、栄えある第1位、といっても1991年の古い作品、著者はすでに故人です。

稲見一良は、当ブログの2011年の記事、「カフカとはチェコ語でカラスのこと、というのは本当なんだろうか? よく調べてみたら、ニシコクマルガラスのことだって分かったよ!」のコメント欄で、「男は旗(新潮文庫)」を薦められて知りました。これはコクマルガラスが出てくる小説だということでした。

それ以前にも、ネット上のどこかで、どなたかから「野鳥が好きなら稲見一良を読んでみたら」と薦められたような気がするんですが、記憶が定かではありません。申し訳ないです。

それからずっと、いつか読んでみようと思ってはいたのですが、正直なところ最近はすっかり失念していました。でも突然思い出して、昨年やっと著者の代表作であるこの「ダック・コール」を読んでみた、というわけです。

続きを読む >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| 1/325PAGES | >>

教授御尊顔
教授御尊顔
だまれ!
follow us in feedly
Links
サイト内検索
Googleサイト内検索
懐コンテンツ
喉頭鏡素振りのススメ
スミルノフスイッチ
カテゴリ一覧
過去ログ
Recommend
史上最強カラー図解 はじめての生理学
史上最強カラー図解 はじめての生理学 (JUGEMレビュー »)

ダルビッシュも読んでいる、先生の恩師の著書です。買ってやってくれや。
いちばんやさしい生理学の本
いちばんやさしい生理学の本 (JUGEMレビュー »)
當瀬 規嗣
先生の恩師です。買ってやってくれや。
Others
mobile
  • qrcode
powered
  • 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR